最新株式ニュース
2014年8月27日 フィスコ

後場に注目すべき3つのポイント~日コンベヤなどリニア関連に短期資金が向かう

27日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・政策関連を中心としたテーマ物色
・ドル・円は104円02銭付近、104円20-50銭にドル売りオーダー
・リニア関連で日コンベヤ<%%%6375%%%>に引き続き資金、低位建設株の一角の強さも目立つ


■政策関連を中心としたテーマ物色

日経平均は小幅に反発。4.73円高の15525.95円(出来高概算11億2000万株)で前場の
取引を終えた。米国市場の上昇のほか、円相場が再び1ドル104円台に乗せてきたこと
を受け、前日の下げに対するリバウンドから始まった。ただし、寄り付き直後に
15588.22円まで戻した後は、引き続きこう着感の強い相場展開に。KDDI<%%%9433%%%>やデン
ソー<%%%6902%%%>、セブン&アイ<%%%3382%%%>、資生堂<%%%4911%%%>、花王<%%%4452%%%>などが弱含みとなるな
か、日経平均はマイナスに転じる局面をみせている。ただ、ソフトバンク<%%%9984%%%>、フ
ァーストリテ<%%%9983%%%>などが上昇しており日経平均を下支え。15500円処での心理的な
底堅さも意識されていた。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が過半数を占めている。規模別指数では大型株指
数はマイナスだったが、中型、小型株指数は上昇。特に小型株指数の強さが目立って
いる。セクターでは、鉱業、建設、海運、証券などが堅調。半面、陸運、小売、食料
品、サービス、水産農林などが軟調。

売買代金トップのミクシィ<%%%2121%%%>は、信用規制解除や外資系証券による投資判断引き
上げなどを手掛かりに買いが先行したが、その後は売り買い交錯からマイナス圏での
推移に。一方で、熊谷組<%%%1861%%%>が利食い一巡後に出来高を伴って上げ幅を拡大させて
いるほか、鉄建建設<%%%1815%%%>など建設株が本日も物色の中心になっている。資金回転が
利いている需給状況であり、資金シフトが続きそうである。

9月3日の内閣改造・自民党役員人事を控え、政策関連を中心としたテーマ物色で、社
会インフラ関連が手掛けやすいところか。ただ、やや仕手系色の強い低位の建設株な
ども軒並み値を上げており、過熱感も警戒されやすいところ。また、安倍首相と石破
幹事長との溝が広がっていると伝えられる中、アベノミクス第2弾への期待感が後退
するようだと、資金の逃げ足が速まるリスクは意識しておきたい。

■ドル・円は104円02銭付近、104円20-50銭にドル売りオーダー

ドル・円は104円02銭付近で推移。ドル・円は、東京株式市場が上げ渋る展開となっ
ていること、ドル売りオーダー(104円20-50銭)などで上げ渋る展開となった。ユー
ロ・ドルは、1.3153ドルから1.3170ドルで推移。9月の欧州中央銀行定例理事会での
量的緩和観測で軟調推移だが、1.3150ドルのオプション・バリアーの防戦買いで下げ
渋る展開となった。ユーロ・円は、136円90銭から137円12銭で推移。

12時22分時点のドル・円は104円02銭、ユーロ・円は136円95銭、ポンド・円は172円
20銭、豪ドル・円は96円90銭付近で推移している。

■後場のチェック銘柄

・日経平均は短期的な過熱感が引き続き上値を抑制、資金流入も限定的
・リニア関連で日コンベヤ<%%%6375%%%>に引き続き資金、低位建設株の一角の強さも目立つ

・後場も引き続きリニア関連や建設株に関心が向かいやすい状況に

☆後場の注目スケジュール☆

<海外>

15:00 独・9月GfK消費者信頼感指数(予想:8.9、8月:9.0)