最新株式ニュース
2014年9月17日 フィスコ

Gフット---イオングループ入り後は急成長、国内出店余地を依然残す

<%%%2686%%%>  Gフット  1132  -18
ジーフット<%%%2686%%%>は靴の多業態小売チェーンであり、ツルヤ靴店とニューステップが
合併して2009年2月に設立された。名古屋が地盤のツルヤ靴店は紳士やスポーツ分野
に強みがあり、北海道に地盤があったイオン<%%%8267%%%>系のニューステップは婦人や子供
分野に強みがあった。メイン業態はファッションや流行に強い「アスビー
(ASBee)」、年間行事ごとに強い「グリーンボックス(Greenbox)」であり、流行
と安定性のバランスが取れている。
再成長の契機は2009年6月にイオンからの増資を受け、グループ入りしたことにあ
る。総合スーパー内へ専門店のノウハウを注入し、急激に成長を遂げることとなっ
た。特に「グリーンボックス(Greenbox)」はイオンとの契約で投下資本ゼロでの出
店が可能であり、高速出店の背景になっている。2014年の5月末現在、店舗数は771店
舗。

7月2日に発表された2015年2月期の第1四半期決算(3-5月期)は、売上高が前年同期
比12.1%増の29,422百万円、経常利益が同45.2%増の1,930百万円と大幅増収増益を達
成した。消費税引き上げ前の駆け込み需要、差し引き36店舗の出店を終えたことに加
え、利益率の高いPB商品の積極投入で粗利益率が前年同期比0.5pt増加したことが要
因である。2015年2月通期は売上高で前期比8.8%増の107,000百万円、経常利益で同
23.9%増の5,480百万円が見込まれている。

今後は国内における更なる拡大、PB商品比率の向上に加え、オンラインショップの拡
充、首都圏の強化、海外展開に注力する方針。イオンの大型店舗への同社出店は一巡
したものの、中小型店舗への拡大余地は依然として残している。また、イオンが買収
戦略を進めていることもあり、その余地も拡大している格好。

株主還元については、短期的に20%をメドに高めていく方針。2015年2月期の同社配当
性向は16.7%であり、イオンは同24.4%。また、自社商品に対する金券を株主優待とし
ていることに加え、株主分売の積極化して流動性の向上も図っている。