株式レポート
2014年12月22日 マネックス証券

10年以上ぶりの最高益更新が期待されている銘柄は - 金山敏之「投資のヒント」

本日の日本経済新聞では、村田製作所(6981)が2001年3月期に記録した最高益を14年ぶりに更新すると報じています。スマホ向け電子部品が想定以上に伸び、円安も追い風となって売上高は18%増の1兆円程度となり初めて1兆円台に乗せる見通しで、本業のもうけを示す営業利益は従来予想を約200億円上回り1900億円前後と前期比約5割増える見通しと伝えています。

そこで今回は村田製作所のように10年以上ぶりに過去最高益更新が期待されている3月期決算銘柄をピックアップしてみました。例えば東芝(6502)が1990年3月期以来25年ぶりに最高益を更新する見通しとなっているほか、日本ハム(2282)やディスコ(6146)ではこの中間期で通期予想を上方修正したことによって一転して14年ぶりの最高益更新が見込まれる格好となっています。