最新株式ニュース
2015年3月6日 フィスコ

ADEKA---化学品と食品の需要は堅調に推移、2015年3月期は増収増益で年間2円増配の見込み

<%%%4401%%%>  ADEKA  -  -
ADEKA<%%%4401%%%>は化学品と食品を二本柱としている。化学品では樹脂添加剤、情報・電子
化学品に強みを有する。食品は製菓・製パン・洋菓子向けに、マーガリン、ショートニ
ングなどの加工油脂と、ホイップクリーム、フィリングクリームなどの加工食品を手が
ける。
情報・電子化学品の主な製品は、半導体材料となる高誘電材料や回路材料、光学フィル
ムなどに使用される感光性材料など。樹脂添加剤は機能化学品に分類され、造核剤、光
安定剤、酸化防止剤、難燃剤など各種添加剤を総合的に手がけている。機能化学品で
は、ほかに界面活性剤や潤滑油添加剤なども扱っている。

足元の業績では、2015年3月期第3四半期累計(2014年4-12月)の連結業績が、売上高で
前年同期比6.5%増の1,574.91億円、営業利益で同6.2%増の106.55億円、経常利益で同
6.7%増の117.52億円、四半期純利益で同6.1%増の80.61億円となった。自動車向けの
樹脂添加剤や潤滑油添加剤、情報機器向けの感光性材料が海外を中心に堅調に推移し、
増収増益。食品事業も売上高は堅調だったが、輸入原材料費が円安の影響を受けるなど
利益面では苦戦を強いられたもようだ。

2015年3月通期の業績見通しは、売上高で前期比7.7%増の2,200.00億円、営業利益で同
2.8%増の142.00億円、経常利益で同6.0%減の150.00億円、当期純利益で同9.3%増の
100.00億円を予想している。配当については、第2四半期に12.00円配当を実施したが、
これと合わせて年間配当は2円増配の24.00円を予想している。