最新株式ニュース
2015年3月23日 フィスコ

注目銘柄ダイジェスト(前場):エーザイ、SCREEN、モブキャストなど

エーザイ<%%%4523%%%>:8748円(前週末比+1500円)
ストップ高。バイオジェン・アイデックがアルツハイマー型認知症治療剤のフェーズ
1試験結果を公表、予想以上に良好なものであったことから、米国市場で株価は大幅
な上昇となっている。同薬の開発と販売のオプション権を持っている同社にも、期待
感が先行する流れになっているようだ。バークレイズではこの結果を受けて、投資判
断を「イコールウェイト」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も5500円か
ら11800円に引き上げている。

SCREENホールディングス<%%%7735%%%>:955円(同+49円)
大幅続伸。今期末の配当金を従来の5円から7円に引き上げると発表している。前期実
績からは4円の増配となる。また、来期からは「連結総還元性向」で25%を目標とし
ていく方針。増配に加えて自社株買いなども検討していくもよう。野村では、会社の
体質変化に対する期待度が上昇するとして、投資判断を「バイ」に格上げ、目標株価
を1028円にまで引き上げているようだ。

イオン<%%%8267%%%>:1324円(同+47.5円)
堅調。前2月期経常利益は1500億円程度になり、前期比15%減少したもようとの観測
報道が伝わっている。従来予想は2000-2100億円であったが、一転して2期連続での減
益となっている。ただ、第3四半期までの実績から下振れは想定線、市場予想は1370
億円程度であり、コンセンサスは上回る状況に。短期的な悪材料出尽くし感とも受け
止められる形のようだ。

重松製<%%%7980%%%>:780円(同+59円)
大幅高。15年3月期業績予想の上方修正と期末配当の増額を発表している。営業利益
見通しは従来の2.70億円から3.50億円へと引き上げた。原子力発電所向け呼吸用保護
具の受注増に加え、国内景気回復による製造業の受注増もあり、売上高が想定を上回
った。また、期末配当については従来予想の7.50円から10.00円に増額している。


SANTEC<%%%6777%%%>:ストップ高買い気配
ストップ高買い気配。15年3月期業績予想の修正と期末配当の増額を発表している。
営業利益見通しは従来の1.40億円から2.45億円へと引き上げた。売上高が従来の予測
をやや下回る一方、利益率の高い製品の売れ行きが好調であったことや、円安により
海外売上高が上振れしたことが増益要因となった。また、期末配当については従来予
想の普通配当6.00円に記念配当4.00円を加え、10.00円に増額している。


アンジェス<%%%4563%%%>:277円(同-22円)
売り先行。3月20日から7月31日までの約4ヶ月の期間、総計1000万株を上限として、
EVO FUNDに対する第三者割当により株式を発行することを可能とする株式発行プログ
ラム設定契約を締結したと発表している。第1回割当は発行新株式数125万株、発行価
額275円で払込期日は4月6日。本プログラムによる差引手取概算額27.17億円(見込
み)は開発費用に充当されるが、本日は希薄化懸念から売りが先行している。


モブキャスト<%%%3664%%%>:1141円(同-69円)
反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「Underweight」、目標株価
675円を継続している。目標株価については、新株予約権行使の下限価額(676円)か
ら、株価の希薄化が起こらない675円としている。15年12月期の利益見通しを従来か
ら引き上げたものの、ネイティブアプリゲーム「ドラゴン★スピンZ」の売上は伸び
ておらず、新タイトル「18」も売上の伸長は容易ではないとみているもよう。