株式レポート
2015年4月13日 マネックス証券

【新潮流】第209回 一夜にして成功する方法 - 広木隆の「新潮流」

◆日本と違って海外の証券取引所では値幅制限がないことが多いから、一日ですさまじい急騰急落が起きることも珍しくない。先週9日、ロンドン市場で石油探査会社UKオイル・アンド・ガス・インベストメンツの株価が前日比70%高と急騰した。ロンドン近郊のガトウィック空港近くで最大で1000億バレルの埋蔵量をもつ油田が見つかったと発表したことがきっかけだ。この埋蔵量は、北海油田で過去40年間に採掘された石油の量の2倍以上にあたるという。

◆石油王として巨万の富を築いたJ・ポール・ゲッティは成功の秘訣を訊かれてこう答えた。「朝早く起きて、夜遅くまで働き、石油を掘り当てることさ」。所詮は運次第 - この言葉をそう解釈するなら大切なことを見逃す。「朝早く起きて、夜遅くまで働く」という前半があるから、「石油を掘り当てる」というオチが効いてくる。ハードワークをしなければ運に恵まれないのである。

◆ファンドマネージャーとして駆け出しの頃、上司から運用で成功するために必要なことを教えられた。その上司はピラミッドの図を描いて、土台となる一番下に「サイエンス」と書き入れた。マクロ経済の知識から金融工学まで科学的な理論を身につけることが大事という。その上の中段に「アート」と書き入れた。相場は理論だけではダメ。感性を磨き相場観を養うことだという。いずれも納得がいった。そして最後、ピラミッドの頂点に「運」と書いた。それを見た若き日の僕はずっこけながら文句を言った。「なんだ、結局、運次第じゃないですか」 そういう僕に上司は諭すようにこう言ったのだ。「そうではない。運用とは『運』を『用いる』と書く。サイエンスを学びアートの部分を磨く。そういう努力を一生懸命に積み重ねないと、運用の神様が運を使わせてくれないんだ。」

◆原油価格の低迷により石油会社の経営はどこも苦しい。業界内の合併・買収の動きも加速している。英蘭系メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルは英石油・ガス大手のBGグループを買収すると発表した。英国の新油田発見の経緯は知らないが窮地に追い込まれた石油会社には起死回生の朗報であろう。油田を「掘り当てる」というが実際には「当たる」という偶然の要素が大きい。しかし、そこに至るまでには数えきれないほどの労力を探査につぎ込んできての結果であったろう。

◆石油でも銘柄でも「お宝」に当たれば一夜にして大金持ちだ。しかし、「一夜にして成功するには20年かかる(エディ・カンター)」のである。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆