最新株式ニュース
2015年4月13日 フィスコ

ダイヤモンドD---新中期経営計画は18年2月期に売上高376億、営業利益19億円

<%%%3073%%%>  ダイヤモンドD  -  -
ダイヤモンドダイニング<%%%3073%%%>は10日、2018年2月期を最終年度とする新中期連結経営
計画を発表。現行の3ヵ年中期経営計画を1年前倒しで概ね達成したことで、新たな計画
を発表した。新中期経営計画では、2018年2月期に売上高で376億円、営業利益19億円、
当期純利益10億円、EBITDA30億円の達成を見込む。
新中期経営計画は、2016年2月期からの3ヵ年を「第二次成長期」のうちの「フェーズ1:
成長投資拡大期」に位置づけ、2019年2月期からの「フェーズ2:投資果実刈り取り期」
につなげるべく計画を策定している模様。

具体的にはグループ基本方針として、都内を中心とした積極出店投資、既存経営資源の
強化による収益力の向上、外部リソースの積極活用・外部アライアンスの強化を掲げ
る。

なお同社は、グループ拡大を推進した創業-2012年2月期までを「第一次成長期」、既存
店舗の再編・集約を推進した13年2月期-14年2月期までを「転換期」、東京オリンピッ
クを起爆剤とした業績拡大を目指す15年2月期-21年2月期までを「第二次成長期」と位
置付けている。

ダイヤモンドダイニングは、首都圏を中心に多業態展開による飲食事業を主力とすると
ともに、ダーツやビリヤード、カラオケなどのアミューズメント事業も手掛けている。
保有ブランドの多様性を活かした、ブランドマネジメント制とドミナント展開が特徴。