桐谷さんの株主優待銘柄[2017年]
2015年7月1日 ザイ・オンライン編集部

「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、
おすすめのネット証券はどこですか?」
桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!

株初心者に桐谷さんがおすすめ証券会社を紹介! 現在、5社のネット証券と取引をしていて、その他にも多数のネット証券、対面型証券会社に口座を持つ桐谷さん。保有銘柄数の合計は1000銘柄近くにもなるという。そんな桐谷さんに、「株初心者におすすめのネット証券」を聞いてみると、以下の3つのネット証券会社を挙げてくれた。はたして、桐谷さんが株初心者や株主優待初心者にこの3社をおすすめする理由とは?

◆桐谷さんが株主優待投資家におすすめするネット証券3社はココだ!
(※関連記事⇒◆「株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」
         桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!)

指値(1約定ごと)※税抜 会社詳細
10万円 30万円 50万円
 ◆松井証券初心者に特におすすめ!)
0円
(一日定額制の場合)
300円
(一日定額制の場合)
500円
(一日定額制の場合)
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!松井証券の詳細情報はこちら!
【桐谷さんが「初心者」に松井証券をおすすめする理由】
桐谷さんもよく利用している松井証券は、1日10万円までの取引は売買手数料が無料になるのが特徴。少額の株主優待銘柄に投資するなら手数料が無料になるのは魅力的だ。また、株式投資・金融情報サイト「QUICK」が無料で見られるほか、チャート分析ツール「チャートフォリオ」も無料で、桐谷さんも「とても便利でよく使う」とのこと。ただし、深夜は利用できる機能が少ないので、夜型の生活の人は要注意。
【関連記事】【松井証券のおすすめポイントはココだ!】松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!松井証券の公式サイトはこちら
 ◆SBI証券(みんなにおすすめ!)
139円 272円 272円
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!SBI証券の公式サイトはこちら!
【桐谷さんがSBI証券をおすすめする理由】
桐谷さんも利用しているSBI証券は「株主優待検索」で「優待利回り」「優待がある5万円以下の銘柄」などのほか、「ファッションの優待」などジャンル別で銘柄を絞り込めるので、優待投資家には便利。また、30年チャートが表示できるので長期保有する際に参考になる。桐谷さんも投資する前には30年チャートをよく参考にするそうだ。ただし、手数料はそれほど安くはないので、売買回数が多い人は注意。
【関連記事】【SBI証券のおすすめポイントはココだ!】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!!SBI証券の公式サイトはこちら
 ◆東海東京証券(女性に特におすすめ!
1500円 1500円 1725円
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!東海東京証券の詳細情報はこちら!
【桐谷さんが「女性」に東海東京証券をおすすめする理由】
桐谷さんが「特に初心者の女性投資家におすすめ」というのが東海東京証券。「乙女のお財布」という女性投資家向け特設サイトがあり、「オススメ優待銘柄」「中長期・値上がり期待銘柄」などのジャンル別でおすすめの銘柄を教えてくれるので、初心者には銘柄選びの手助けになる。また、女性専用の電話サポートも用意されているほか、女性限定セミナー、イベントも。ただし、手厚いサポートの分、手数料は高め。
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!!SBI証券の公式サイトはこちら

 

初心者には、1日10万円まで
手数料無料の松井証券がよいと思います

 まず、初心者におすすめのネット証券からいきましょうか。私も普段から使っている、松井証券ですね。というのは、1日10万円までの取引は手数料がまったくタダだから。最初に使うにはいいんじゃないでしょうか。

松井証券【詳細情報⇒松井証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 松井証券の
詳細情報
10万円 30万円 50万円
0円 300円 500円
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!松井証券の詳細情報はこちら!
【桐谷さんが「初心者」に松井証券をおすすめする理由】
桐谷さんもよく利用している松井証券は、1日10万円までの取引は売買手数料が無料になるのが特徴。少額の株主優待銘柄に投資するなら手数料が無料になるのは魅力的だ。また、株式投資・金融情報サイト「QUICK」が無料で見られるほか、チャート分析ツール「チャートフォリオ」も無料で、桐谷さんも「とても便利でよく使う」とのこと。ただし、深夜は利用できる機能が少ないので、夜型の生活の人は要注意。
【関連記事】【松井証券のおすすめポイントはココだ!】松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!松井証券の公式サイトはこちら


松井証券のサイトは、保有銘柄が1ページに20件しか表示されないから、持ってる銘柄がいっぱいある私なんかからすると、実は画面はそれほど使い勝手がよくはないんです。でも、初心者はそんなにたくさん銘柄を持たないでしょうから、5銘柄とか10銘柄くらいなら使っていても不便はないでしょう。

 私は、株のいろいろな情報も主に松井証券から取っています。松井証券ではQUICKの情報がタダで見られるんですよ。QUICKの画面を開くと、今日どんなニュースが出て、どんな理由で何の銘柄が上がったかがわかるので、その画面で銘柄を選んでチャートなどを確認しています。私の古いノートパソコンでも、画面の切り替わりも割と速いと感じています。

 あと、松井証券にはチャートの形を選ぶと当てはまる銘柄が表示される「チャートフォリオ」という機能があって、これもとても便利でよく使うんですよ。

松井証券で見ることができる「チャートフォリオ」。チャートの形から銘柄を絞り込むことができる。
拡大画像表示

 私は、「バーゲンセールは買いだ!」と思ってますからね、矢印が下向きになってるチャートを選んで、それを見て銘柄を探すんです。もちろん、安いだけじゃなくて、下げている理由も確認しますけど。買う前には、『ダイヤモンド・ザイ』とGMOクリック証券の「理論株価」と、SBI証券のサイトで見られる「割安性」のスコアも必ず見て、それで納得できたら買うわけなんです。

 話がそれましたが、もうひとつ、これは初心者の女性限定でおすすめなのが東海東京証券です。理由は、女性を大事にしてくれる証券会社だから。「乙女のお財布」という女性向けの特設サイトがあって、そこにある「オススメ優待銘柄」とか「中長期・値上がり期待銘柄」とかのカテゴリをポンと選ぶだけで、おすすめの銘柄がわかるようになっているんですね。非常にわかりやすそうです。

 あと、電話のサポートも女性専用のダイヤルがあって、なんでも聞いてくださいという感じですから、親切にやってくれるんじゃないでしょうか。ただ、株式の取引手数料はかなり高めですけどね。

 実は、私も東海東京証券ではときどきセミナーをやってるんですが、女性限定のセミナーやイベントも数多くあったりして、これから株をやろうという女性にはいいんじゃないでしょうか。

24時間稼働+画面の見やすさで、
総合的にはSBI証券がおすすめですね

 初心者以外の人にもおすすめなのは、私は手数料が少し高いと思うんですが、やっぱりSBI証券ですね。というのは、使い勝手が非常にいいんです。

SBI証券【詳細情報⇒SBI証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) SBI証券の
口座開設
10万円 30万円 50万円
139円 272円 272円
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!SBI証券の詳細情報はこちら!
【桐谷さんがSBI証券をおすすめする理由】
桐谷さんも利用しているSBI証券は「株主優待検索」で「優待利回り」「優待がある5万円以下の銘柄」などのほか、「ファッションの優待」などジャンル別で銘柄を絞り込めるので、優待投資家には便利。また、30年チャートが表示できるので長期保有する際に参考になる。桐谷さんも投資する前には30年チャートをよく参考にするそうだ。ただし、手数料はそれほど安くはないので、売買回数が多い人は注意。
【関連記事】【SBI証券のおすすめポイントはココだ!】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!SBI証券の公式サイトはこちら


 私の使っているほかの証券会社は、夜中はログインできなかったり使えない機能があったりするところが多いんですが、SBI証券はサーバーメンテ以外は24時間ちゃんと動いていますからね。

 また、画面も全体的に見やすいんですよ。「ポートフォリオ」という保有銘柄が一覧で表示される画面では、各銘柄の買値や損益がひと目でわかるし、私はSBI証券に330銘柄ほど持っているんだけど、口座管理の画面ではたくさんの銘柄でも1ページで表示してくれるのが気に入っています。

 あと、SBI証券は30年間の長期チャートを表示させられるのがいい。1日、3日、10日、1カ月…SBIは表示できるチャートがすごく多く選べるんですが、最長が30年。私が使っているネット証券では、ほかに30年のチャートを表示できるところはないんです。だいたい5年くらいで、長くても10年。

 私は、株を買う前には30年チャートをよく参考にするんですよ。この銘柄は、バブルの頃はどういう株価だったのかなあって。30年チャートが表示できるようになったのは、ここ2、3年じゃないかと思いますが、そういうところもSBI証券の使い勝手のよさですね。

株主優待検索でも便利なのは、
松井証券とSBI証券ですね

 私は、株主優待を検索するときにも、松井証券SBI証券を使っています。まあ私は、どの銘柄がどんな優待かというのはほとんど覚えてはいるんですけどね。でも、仕事でもしょっちゅう「6月の優待ベスト10を出してください」なんて頼まれますからね。

松井証券でよくやる方法は、銘柄スクリーニングでまず配当の高い順に並べ替えるんですよ。私は、優待だけじゃなくて配当にも注目していますからね。それで、優待がある銘柄にはマークがついているので、高配当で優待があるのに自分の気づいていない銘柄があったら、それをクリックするんですよ。それで、PERやPBRがまあまあで、自分が使えそうな優待だったら安いときに拾っておこうかなと。

 でも、優待検索という意味では、SBI証券のほうが重宝していますね。優待利回りで銘柄を絞り込んだりとか、優待があって5万円以下で買えるものとか、「おもしろ優待」や「ファッションの優待」などのジャンル別とか、とにかく優待銘柄を絞り込む項目が多い。見ているだけでも楽しめますね。株主優待をやっている人にはおすすめです。

タダで情報がいっぱいもらえる!
口座は最低3~5社は開きましょう

 ネット証券は、口座を開くだけで、メールでさまざまな情報を頻繁に送ってくるところが多いんです。たとえば、今は取引はしていないんですが、マネックス証券だと毎日夕方にメールが来て、今日の株式市場はどうだったとか、なぜそう動いたのかとか、あと個別の銘柄についても、いくつかピックアップされていて今日上がった理由が解説してあったりと、非常に参考になるんですね。

マネックス証券【証券情報⇒マネックス証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) マネックス証券の
詳細情報
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!松井証券の詳細情報はこちら!
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】【マネックス証券おすすめのポイントはココだ!】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!マネックス証券の公式サイトはこちら


 ほかのネット証券からも、情報メールはいろいろ来ますよ。みずほ証券(TOBに応募するために口座を開設)も内容の濃いメールを毎日送ってきます。

売買しなければ1円もかからないですから、とりあえずネット証券の口座は最低でも3~5社くらいは開いておいて、いろいろ情報を取るというのがいいと思います。

桐谷さんの株式売買ノート。証券会社ごとに色分けし、1日の売買をノート1行にまとめている。
拡大画像表示

 ただ、取引自体はあまりあちこちにバラさないほうが便利でしょうね。私は松井証券GMOクリック証券ライブスター証券SBI証券東海東京証券の5社で取引しているから、管理が非常に面倒なんですね。

 すべての取引は、手書きでぜんぶノートにつけていて、松井証券で買ったら緑のペンで、黒字はライブスター証券、紫はSBI証券…というように色分けしています。銘柄がたくさんあるので、ノートを繰るのもたいへんなんですよ。だいたい覚えてはいますが、ときどき「あれは、どのネット証券で買った銘柄だったかな?」とわからなくなることもあるんですよ(苦笑)。

 (取材・構成/肥後紀子)