最新株式ニュース
2015年8月7日 フィスコ

博展---コミュニケーションデザイン事業は期初計画比順調に推移

<%%%2173%%%>  博展  -  -
博展<%%%2173%%%>は6日、2016年3月期第1四半期(15年4-6月)決算を発表。売上高が18億19百
万円、営業利益が2百万円、経常利益が2百万円、四半期純損失は0百万円だった。前連
結会計年度の第4四半期より連結財務諸表を作成しているため、前年同期との比較は行
っていない。
セグメント業績では、コミュニケーションデザイン事業の売上高が17億18百万円、セグ
メント利益が41百万円。年間を通じたマーケティング・パートナーとして対応可能なサ
ービス・ラインナップの拡充による売上機会の増加、顧客単価の上昇等により期初計画
比順調に推移している。

Webインテグレーション事業の売上高は1億4百万円、セグメント損失は27百万円だっ
た。基盤強化のために投じた人材補強費等の費用負担によるところ。

16年3月期通期については、売上高が前期比19.8%増の7,500百万円、営業利益が同
40.7%増の115百万円、経常利益が同36.4%増の105百万円、純利益が同3.6%増の52百
万円とする期初計画を据え置いている。