最新株式ニュース
2016年5月9日 フィスコ

チエル---「小学校中学校市場向け製品」における売上が好調に推移

<%%%3933%%%>  チエル  4300カ  -
チエル<%%%3933%%%>は、教育用ソフトウェア、ネットワークおよびシステムの企画・開発及び
販売を手掛ける。主な自社開発システムでは、タブレット対応教務支援システム「らく
らく先生スイート」、学内ICT運用管理ソリューション「ExtraConsole」などがある。
また、デジタル教材を自社運用のクラウド型教材配信プラットフォーム「CHIeru.net」
を通じて提供している。
高大市場(高校・大学・専門学校)では、主に各種教室における講義を支援する「講義
支援分野」、学生・生徒が活用するデジタル教材の配信を行う「教材提供クラウドサー
ビス分野」、講義教室だけでなく図書館等の講義教室外における学習も含めて側面から
支援する「運用管理システム分野」の領域で、顧客である高校・大学に提供している。

小中市場(小学校・中学校)では、学校内の授業を支援する「授業支援分野」、生徒児
童がデジタル教材をインストールして活用する「教材提供分野」の領域で、顧客である
中学校・小学校・教育委員会に提供している。

2016年3月期の業績は、売上高が前期比8.7%増の16.9億円、経常利益が同11.8%増の
1.8億円と増収増益の見通しとなっている。足元では、2013年6月に閣議決定された「第
2期教育振興基本計画」に基づき、大学では学生が知性を高めていく能動的学修「アク
ティブラーニング」による授業の取組みが積極的に行われていることや、小学校・中学
校でもICT教育環境の一層の整備と相俟って、大学同様に、協働学修の一環として、課
題解決型授業(アクティブラーニング)の推進が行われていることを踏まえて、パソコ
ンからタブレットへのデバイス移行に関する対応を進めた。これにより、運用管理シス
テム分野及び小学校中学校市場向け教材提供分野における売上が好調に推移した。