最新株式ニュース
2016年5月20日 フィスコ

フォーカス---16.3期売上高9.3%増、公共/民間関連事業が受注増加で増収

<%%%4662%%%>  フォーカス  501  -11
フォーカスシステムズ<%%%4662%%%>は13日、2016年3月期決算を発表。売上高が前期比9.3%増
の164.82億円、営業利益が同1.4%増の9.53億円、経常利益が同5.9%増の9.50億円、当
期純利益が同24.6%増の7.38億円だった。会社計画を売上高、各利益ともに上回っての
着地となっている。
公共関連事業では、社会保険関連や航空管制関連業務の受注増加により売上高は増加し
た。民間関連事業では、主要取引先からのインフラ構築・運用サービス及びERP関連製
品のカスタマイズと設計・開発が順調に伸びたほか、大阪・名古屋を拠点とした地方で
も業務実績を積んで拡大を確実に進めている。そのほか、セキュリティ機器関連事業で
は、サイバー・フォレンジック関連製品の大手民間企業への展開、サイバー・フォレン
ジック技術者育成、調査解析等に注力している。

2017年3月期通期については、売上高が前期比3.1%増の170.00億円、営業利益が同
16.1%減の8.00億円、経常利益が同19.0%減の7.70億円、当期純利益が同33.7%減の
4.90億円を見込んでいる。優秀な人材確保への採用投資や技術者への教育投資、社内管
理体制へのシステム及び人的投資を計画している。