最新株式ニュース
2016年6月7日 フィスコ

パイオニア---堅調、来期の復配検討報道を好材料視

<%%%6773%%%>  パイオニア  220  +4
堅調。18.3期に数円程度の配当を検討するとの社長インタビュー報道が伝わっている。
10期ぶりの復配となり、業績の先行き見通しに対する安心感へとつながっているよう
だ。一方、三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を「ニュートラル」から
「アンダーウェイト」に格下げ、自動運転関連に関しても、大きな事業に成長する可能
性を秘めているが、当面は開発費負担が先行するとみている。