最新株式ニュース
2016年6月20日 フィスコ

EG---ネット監視事業最大手、ソーシャルゲーム分野の成長で最高益

<%%%6050%%%>  EG  1378  +106
イー・ガーディアン<%%%6050%%%>は、SNSやソーシャルゲームの運営者向けに監視や顧客サ
ポートなどのサービスを提供するITベンチャーである。1998年にコンテンツプロバイ
ダとして誕生し、インターネット業界の創成期に様々な新事業を手掛ける中で2005年
に掲示板投稿監視事業に一本化し、イー・ガーディアン株式会社に商号変更した。
2010年に東証マザーズに上場してからは、ネット監視事業のイーオペ(株)、人材派遣
業の(株)パワーブレイン、デバッグ事業のトラネル(株)、HASHコンサルティング(株)
などをグループ化し、事業領域を拡大してきた。現在は関連会社5社を含め全国に5都
市9拠点、723名の従業員を抱える企業グループである。主力事業は、ソーシャルサ
ポート事業とゲームサポート事業である。2016年9月期第2四半期の業績は、売上高
1,818百万円(前年同期比29.5%増)、営業利益238百万円(同99.7%増)となり、過去
最高の売上高と営業利益を達成した。特に営業利益はほぼ倍増し、増益率の高さが顕
著な決算となった。ソーシャルゲーム市場の拡大を背景にゲームサポート事業が好調
だったことが主な要因である。この流れを受けて2016年9月期通期も売上高3,544百万
円(前期比17.3%増)、営業利益402百万円(同22.3%増)と増収増益を見込む。年度
予想に対する上期の進捗率では、売上高で51%、営業利益で59%となっており、下期
は業績が上向く過去の傾向からすれば計画達成は難しくはないだろう。