最新株式ニュース
2016年7月13日 フィスコ

後場に注目すべき3つのポイント~英国EU離脱ショック前水準回復で達成感も押し目買い意欲強い

13日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。
・英国EU離脱ショック前水準回復で達成感も押し目買い意欲強い
・ドル・円は104円11銭付近、ドル失速、週明け以降の上昇に過熱感
・味の素、トヨタ紡織など5社のレーティング格上げ



■英国EU離脱ショック前水準回復で達成感も押し目買い意欲強い


日経平均は続伸。161.16円高の16256.81円(出来高概算14億株)で前場の取引を終え
ている。12日の米国市場では世界的なリスク回避ムードが後退するなか、NYダウ、S
&P500指数は最高値を更新。シカゴ日経225先物清算値は大阪比365円高の16515円と
なり、これにさや寄せする格好から買い先行で始まった。その後16444.25円まで上げ
幅を拡大させ、6月24日の英国のEU離脱を巡る国民投票の結果を嫌気した急落前水準
を回復している。ただ、これによる目先的な達成感もあり、前引けにかけてはやや上
げ幅を縮めている。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1300を超えており、全体の7割近くを占めている。
規模別指数は大型、中型、小型株指数いずれも2ケタの上昇。セクターでは空運、銀
行、証券、鉱業、輸送用機器が3%を超える上昇。一方で、連日急騰が続いていた任
天堂<%%%7974%%%>が一服となり、その他製品が2%超の下落。その他、食料品、医薬品、陸
運、倉庫運輸など、内需・ディフェンシブ系を中心に利食いに。

日経平均は英国のEU離脱ショック前の水準まで回復したことで、いったんは利食いも
意識されやすいところであろう。為替市場では円相場は1ドル104円前半と、朝方から
やや円高に振れていることも、利食いに向かわせやすいだろう。テクニカル面ではボ
リンジャーバンドの+1σを突破し、+2σとのレンジに移行。一目均衡表では雲下限に
接近しており、強弱感が対立しやすいところでもあるようだ。もっとも、ピーク感は
なく、シグナル好転も近づいてきており、押し目買い意欲は強いと考えられる。


景気敏感セクターなどは自律反発をみせているが、前引けにかけて上げ幅を縮めてい
るため短期筋の資金回転が利きづらい面はありそうだ。目先的な達成感が意識される
ようだと、幕間つなぎ的に材料株やテーマ株等にシフトする展開も想定しておきた
い。LINEの上場を控えての関連テーマ物色のほか、AR関連の出遅れを探りたいところ
だ。


(株式部長 村瀬智一)



■ドル・円は104円11銭付近、ドル失速、週明け以降の上昇に過熱感

13日午前の東京外為市場では、ドル・円は105円を目指す展開となったが、週明け以
降の急激なドル高に過熱感が広がり、昼にかけては失速した。ドル・円は、前日の海
外市場で一時104円97銭まで上昇し、今日のアジア市場でも日経平均株価の堅調地合
いを受け、ドルは一時104円88銭まで値を切り上げた。ただ、その後は株高の影響が
薄れた。

週明け以降のドルの急上昇に過熱感が広がり買いは後退。利益確定売りに押される展
開となり、ドル・円は一時103円95銭まで下落した。

ランチタイムの日経平均先物は上げ幅を縮小しているため、日銀による追加緩和への
期待からドルは東京市場で104円を大きく下回る可能性は低いものの、目先は上値が
重くなりそうだ。

ここまで、ドル・円は103円95銭から104円88銭、ユーロ・ドルは1.1054ドルから
1.1070ドル、ユーロ・円は114円93銭から116円06銭で推移。

12時15分時点のドル・円は104円11銭、ユーロ・円は115円19銭、ポンド・円は138円
32銭、豪ドル・円は79円09銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)



■後場のチェック銘柄


・値上がり寄与トップは京セラ<%%%6971%%%>、2位ファナック<%%%6954%%%>、2銘柄で日経平均を約
24円押し上げ

・味の素<%%%2802%%%>、トヨタ紡織<%%%3116%%%>など5社のレーティング格上げ

・米商工会議所
「英国への投資は短期的に、最小限にとどまるだろう」

・カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「インフレ率が低い中、(FRBは)利上げを急ぐ理由はない」

・モバファク<%%%3912%%%>、日本色材<%%%4920%%%>、ライフコーポ<%%%8194%%%>などが前場ストップ高

※一時ストップ高(気配値)を含みます



☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・13:30 5月鉱工業生産確定値(速報値:前月比-2.3%)


<海外>
・時間未定 中・6月輸出(前年比予想:-5.0%、5月:-4.1%)
・時間未定 中・6月輸入(前年比予想:-6.2%、5月:-0.4%)