ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
クラスアクションから会社を守る!

近年、アメリカでビジネスを展開している企業が揺れている。タカタ製のエアバッグがリコール対象となるとともに、消費者から損害賠償を提起されるなど、クラスアクションの危険性が増しているからだ。しかし、日本企業の立場に立って数々の訴訟を戦ってきたライアン・ゴールドスティン米国弁護士は、「クラスアクションをむやみに恐れないでほしい」と主張する。では、日本企業はクラスアクションにどう備え、どう対応すればいいのか?3回にわたって連載していただく。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「クラスアクションから会社を守る!」の全記事一覧
  • 第3回 「謝罪」より、すぐさま「情報公開」。
    クラスアクションへの正しい対処法。 

    [2015年05月29日]
    近年、アメリカでビジネスを展開している企業が揺れている。タカタ製のエアバグがリコールの対象となるとともに、消費者から損害賠償を提起されるなど、クラスアクション(集団訴訟)の危険性が増しているからだ。しかし、日本企業の立場に立って数々の訴訟を戦ってきた、ライアン・ゴールドスティン米国弁護士は、「日本企業はクラスアクションをむやみに恐れないでほしい」と主張する。では、日本企業はクラスアクションにどう備え、どう対応すればいいのか?3回にわたって連載していただく。

  • 第2回 不要な「クラスアクション」を避ける方法とは? 相手の言い分に耳を傾けつつ、自分の主張は堂々と!

    [2015年05月28日]
    近年、アメリカでビジネスを展開している企業が揺れている。タカタ製のエアバグがリコールの対象となるとともに、消費者から損害賠償を提起されるなど、クラスアクション(集団訴訟)の危険性が増しているからだ。しかし、日本企業の立場に立って数々の訴訟を戦ってきた、ライアン・ゴールドスティン米国弁護士は、「日本企業はクラスアクションをむやみに恐れないでほしい」と主張する。では、日本企業はクラスアクションにどう備え、どう対応すればいいのか?3回にわたって連載していただく。

  • 第1回 「クラスアクション」は怖くない!
    日本企業が有利なこれだけの理由。
     

    [2015年05月27日]
    近年、アメリカでビジネスを展開している企業が揺れている。タカタ製のエアバッグがリコールの対象となるとともに、消費者から損害賠償を提起されるなど、クラスアクション(集団訴訟)の危険性が増しているからだ。しかし、日本企業の立場に立って数々の訴訟を戦ってきた、ライアン・ゴールドスティン米国弁護士は、「日本企業はクラスアクションをむやみに恐れないでほしい」と主張する。では、日本企業はクラスアクションにどう備え、どう対応すればいいのか?3回にわたって連載していただく。

著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR