ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
もめる相続

日本では毎年約110万人が亡くなる。このうち相続税が課される人はわずかで、これまで相続はどこか他人事でもあった。だが、相続税の大増税が決まった今、この状況は大きく変わる。相続発生時に申告が必要な人は大幅増。首都圏では約4割に達すると見込まれている。これまで資産課税に無縁だった一般家庭こそ、ムダに税金を払わない工夫の余地が急がれる。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「もめる相続」の全記事一覧
  • もめない相続の準備 

    [2014年12月22日]
    相続はある日突然やって来る。相続税の申告作業は煩雑だが、与えられた期間は10カ月しかない。万が一のときにあわてないよう準備をしておこう。

  • 地主の節税対策 

    [2014年12月22日]
    せっかく持っている土地を、空き地のままにしておくのはもったいない。アパートを建てるなど対策を打てば大きな節税メリットが受けられる。ただ、リスクの見極めも肝心だ。

  • 中小企業オーナーの節税対策 

    [2014年12月22日]
    高齢化が進む経営者たち。次の世代にバトンを渡す時期は迫っている。事業承継も含めた相続対策に関する知識を得て、早い段階で取り組むことが必要だ。

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事