2012年2月4日号第一特集以来、電機班が総力を挙げてソニーを取材。2年前の特集はハワード・ストリンガー前社長兼CEOの退任発表直前に発売され、「ハワードの首を取った」と言われるほど厳しく問題点を指摘した。そして今回、同じ電機班が徹底取材し、平井一夫社長兼CEO体制を総点検。詳しくは本誌をご覧いただきたいが、ここでは「なぜソニーを書き続けるのか」という、本誌では書けない電機取材班の「想い」をお届けする。

取材班おのおのが持つ ソニー製品への想い

 取材班はソニーや電機業界関係者に取材していると、冗談半分に、たまにこんな風に聞かれる。
「なぜ、いつもソニーに対して厳しい見方をするのか。ソニーがそんなに嫌いか?」
信じてもらえないかもしれないが、決してそうではない。むしろ取材班はソニーファンだ。
取材班の中心的存在である後藤直義は「ソニー製品は好きです。信じてもらえないと思うけど」と話す。

 後藤は大学時代、オーケストラ部でコントラバスを弾いていたという意外な一面を持つ。しかし、卒業が近づいたころ、そのコントラバスを売り払った。卒業制作でドキュメンタリーをつくるために、ソニーのハンディカム、バイオ、サイバーショットを買いたかったからだった。

 「バイオを買ったのは、映像編集ソフトが搭載されていたから。サイバーショットとハンディカムで撮影して、家に帰ってバイオで編集していました。だから、特にバイオに対しては思い入れは人よりも強いと思う」と話す。

 同様に藤田章夫もソニー製品のファンだ。藤田が小学校5年生のとき、友達がウォークマンを塾に持ってきたのを見て、うらやましいと思ったのがソニー製品に憧れを持ったきっかけだったという。「ソニーは別格だった。理由はよくわからないけど、なんか好きだった」。

 取材班で一番若手の鈴木崇久もソニー製品は好きだと言う。「カメラは仕事にどうしても必要だと妻に半分ウソをついてNEX-5を買った」と明かす。

ソニーの社外取締役


社外取締役も外人部隊も だれも現状を変えられない

 そんな取材班の面々は、ソニーやソニー関係者、ソニーOBへの取材を通して何を感じたのか。後藤は「ヒト・モノ・カネのうち、商品や特許、工場などのモノはあるし、不動産や保有株式の売却でカネもある。問題はヒトなんだと思う」と話す。

 とりわけ経営陣については、ハワード・ストリンガー前社長がすがった外人部隊も結果を残せず、各業界で知名度の高い社外取締役も、現状を改善する方法を提示できてはいない。

 上と左の画像は、2年前の特集に掲載した経営陣の顔ぶれの図を、現在の状況に合わせて改訂したものだ。現状を改善できなかったのにもかかわらず、前体制の経営陣が多く残っていることが一目瞭然だ。結果を出せていないのに、なぜまだ居座っているのかという素朴な疑問が浮かぶが、それだけ人材難だということも言えるだろう。本誌では今回、最新情報を盛り込んだ現経営陣の顔ぶれを図にしている。

 ただ、取材班は「今回は希望も見えてきている」と話す。それが吉田&十時という、この4月から経営中枢に抜擢された役員だ。「この2人は今のソニーを変えられるかもしれない」(藤田)と期待を口にする。

 だが、簡単ではないだろう。なぜなら、ビジネスの先行きがまったく読めていない現状があるからだ。本誌のプロローグでは、3ヵ月毎に業績修正を繰り返している様子を図版化しており、ソニーの混乱ぶりが一目で分かる。


世界の「SONY」だからこそ 低迷を招いた原因を知りたい

 ソニーは言わずと知れた、ニューヨーク証券取引所に最初に上場した日本企業であり、戦後、最初に日本国旗をニューヨークの街にはためかせた企業でもある。「SONY」といえば、世界中で知らない人はいない、日本初の国際的なブランドだ。

 特集制作の前に、取材班は『ソニー自叙伝』や『MADE IN JAPAN』をもう一度読み返した。そのなかで、ソニーが世界中の人をあっと言わせる商品を世に送り出してきた、輝かしい歴史のある企業だということを再確認した。その事実を知れば知るほど、当時とはかけ離れた今のソニーの低迷の原因は、どこにあるのかを探りたいという想いを強くする。

 そこに冒頭で書いたような、取材班おのおののソニーに対する想いが加わり、さらに取材に力が入るのだ。

ハワードの通信簿


週刊ダイヤモンド 2014年4月26日号 ソニー消滅!! 尽き果てる“延命経営”

週刊ダイヤモンド 2014年4月26日号

ソニー消滅!! 尽き果てる“延命経営”

週刊ダイヤモンド 最新号を1冊 購入する


下記のサイトでもご購入いただけます。(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。)


目次 週刊ダイヤモンド 2014年4月26日号 ソニー消滅!! 尽き果てる“延命経営”

プロローグ”

消え行く「SONY」

Part 1

ビジョンなき“延命経営”の果て

  • ・1兆円を生む“錬金術”の頓挫 ソニー生命吸収計画の全内幕
  • ・エレキの赤字穴埋めに消えるソニー創業の地と保有資産

Part 2

“平井ソニー”が問われる戦略と経営責任

  • ・独占公開!! 平井CEO3年目の通信簿
  • ・最新版「役員相関図」
  • ・ソニーvs.パナソニック 株価、業績
    ……徹底比較

【単独インタビュー 平井一夫 社長兼CEO】

Part 3

ソニーの命運を握った男たちの素顔

  • ・ソネット出身の役員が描く本社改革シナリオ
  • ・現場レポート“ソニーの遺伝子”が生み出すイノベーション

エピローグ”

ヤメソニーがつくる21世紀のソニー


週刊ダイヤモンド 2014年4月26日号 ソニー消滅!! 尽き果てる“延命経営”

週刊ダイヤモンド 2014年4月26日号

ソニー消滅!! 尽き果てる“延命経営”

週刊ダイヤモンド 最新号を1冊 購入する


下記のサイトでもご購入いただけます。(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。)


過去のソニー関連特集

  • SONYを去ったエース社員たちからの提言 ヤメソニーに訊け!!
    (週刊ダイヤモンド 特集BOOKS(Vol.5))
  • ソニーの「B面」 知られざる黒子事業
    (週刊ダイヤモンド 特集BOOKS(Vol.6))
  • 週刊ダイヤモンド「ソニー特集」バリュー版 2冊パック
    (週刊ダイヤモンド 特集BOOKS(Vol.7))

過去のソニー関連特集 amazon.co.jpで買う(Kindle本)

amazon.co.jpで買う(Kindle本)