共学校

啓明学園中学校

国際性豊かな環境で個別指導を徹底 世界で活躍できる力の基礎を固める

1940年、三井家総本家11代目八郎右衛門の実弟、三井高維の私邸を校舎に、8名の帰国子女を生徒に創立。世界に雄飛し、真の国際平和に貢献する人材を育成しようという教育理念は、確かな具体性を持って貫かれている。

帰国生や留学生が1/3 学内は小さな国際社会

 数寄屋造の長屋門を入ると、多摩川を望む約3万坪の敷地に4つの校舎や都指定文化財の三井家別邸(北泉寮)、日本庭園などがひろがる。創立地の赤坂から拝島に移って約70年。日本文化を感じさせる立地の中、一人ひとりの個性を生かしながらのグローバル教育を一貫しているのが啓明学園中の大きな特色だ。
 「国籍や立場を超えた交流を通し、真の世界市民を育むことは建学時から変わらない精神。世界を知り、自ら行動するためのプログラムをさまざま整えています」。創立者・三井高維の薫陶を受けた北原都美子学園長は話す。昨年度の就任以来、教育内容の一層の充実を図ってきたという。
 帰国生や二重国籍・外国籍の生徒、留学生ら「国際生」が36%を占める同校。英語のみならず中国語やフランス語、ドイツ語など多様な言語が日常的に交される。その環境自体が実に国際性豊かだ。

世界の問題を知り、考える 多彩なグローバル教育

 スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校でもある同校では、中学校から各種のグローバル教育プログラムがなされている。
 有識者を招く講演会では、国内外の話題についてグループ討論や発表を行う。また「国際理解の日」を設け、世界のさまざまな問題をテーマに1か月間の調べ学習をして発表する。カンボジアの貧困家庭の就学支援、アフリカの少女保護団体への募金活動なども行い、高校生になれば実際に現地を訪れて活動することもしている。
 5月と8月の海外体験学習ではアメリカ、オーストラリア、モンゴル、アイルランドなど毎年数か所を設定して希望者を派遣。中3は3か月、高1・2では1年間の留学制度もある。
 さらに英語・日本語によるスピーチコンテストも小~高の全学年で実施。外部の大会への参加も奨励しており、昨年度は在校生が民間団体の「ビジネスアイデアコンテスト」の1・3位になり国際大会にも出場した。これまでに「模擬国連」での入賞実績もあるという。
 「これらのプログラムや学内での異文化交流を通し、国際人に不可欠な、きちんと伝え、聞く態度、他を思いやる姿勢が自然と身につきます」

一人ひとりを見る指導が、大きなのびしろを作る

 各教科の学習については、基礎基本の徹底が中高一貫したモットーだ。英語は全学年、数学・国語は中3に習熟度別クラスを設定。英語では読む・書く・聞く・話すに思考力を加えた5能力をバランスよく伸ばすようにしている。国語で週1回設けている表現の時間もまた、コミュニケーションの基礎力をつける授業だ。成績上位者のクラスでは、英語の長文多読、百人一首などにも取り組む。
 毎朝のホームルームは朝学習にあて、名文や新聞コラムの書き写しを行う他、個別の教科指導を実施。補習は放課後にも行われる。
 「まずは各自の得意科目を伸ばし、自信をつけていきます。少人数教育だからこそ一人ひとりに目が届く。さらに国際人としての能力や教養へと広げていくことが、上位大学への合格にも結び付きます」。
 早慶上理やGMARCH、海外大学への進学者は多い。その中には当初偏差値50を切っていた生徒もいるという。こののびしろの大きさこそが、まさに同校の教育体制の成果を物語っている。

School Data

啓明学園中学校
最寄駅名 拝島 京王八王子 八王子 立川
URL http://www.keimei.ac.jp/jsh/
大学合格実績 東京工業、東北、東京学芸、電気通信、横浜国立、富山、埼玉、横浜市立、首都大学東京、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、国際基督教、学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政、関西学院、同志社、立命館、デューク、ハワイ、モスクワ、ミシガンなど
学校基本情報 創立年(西暦) 1940年
併設校 啓明学園幼稚園、啓明学園初等学校、啓明学園高等学校
生徒数 (1年)50人
クラス編成 25~26人
男女比 男50% 女50%
授業時間 8:30~15:10 (土)~11:40
海外交流校
帰国生特別入試
中高6年間費用 500万円台前半
交通情報 拝島駅(JR・西武拝島線)徒歩20分またはスクールバス6分、 京王八王子駅(京王線)スクールバス20分、 八王子駅(JR)スクールバス30分、 立川駅(JR・多摩都市モノレール)バス25分
所在地 〒196-0002 東京都昭島市拝島町5-11-15
TEL 042-541-1003