女子校

跡見学園中学校

伝統を大切にしつつ新たなステージへ 夢を実現させる学力・人間力を育成

創立140年を機に長年親しまれた制服を一新。「学力・人間力プロジェクト」のもと、新たなステージを迎える跡見学園。今年度から将来の進路を見据えた2コース制を採用し、生徒の夢をバックアップする。

IクラスとPクラスは、夢を叶えるための選択肢

 2016年度の中学1年生から、将来、国公立、早慶上理、医薬系など難関大学の受験を目標に据え、世界に羽ばたく女性を目指す「KAKEI INDEPENDENT CLASS」(通称Iクラス)と、GMARCHレベル以上の大学進学を目標に据え、誠実で信念がある女性を目指す「ATOMI PRINCIPLED CLASS」(通称Pクラス)の2コース制を採用した。IクラスとPクラスの違いは、授業の深度。中学の3年間は基本的に同じ教科書を使い、同じペースで授業は進むが、Iクラスには7時限目に英語と数学の授業が設定されていて、そこでは、より思考力を必要とする演習に取り組む。中高では、部活動も学校行事も思い切りやって、楽しく学校生活を過ごしてほしいと願う保護者が、娘のためにあえてPクラスをセレクトするケースも少なくないが、Iクラスでも中1、中3、高1の学年末にそれぞれコースを見直す機会がある。Pクラスの生徒が入学後に学力が伸び、国立大への進学を目指してIコースに移ることも可能だ。明確な目標を作り、達成するのはIコースの方が向いている。中学・高校時代は誰もが劇的に変わる可能性をもっている。6年間で生徒一人ひとりが自分の夢に近づけるように、学力と人間力を身につけさせるのが跡見の教育だ。

校外のプロジェクトへの参加も、全面的にバックアップ

 人間力を磨くために同校が積極的に取り組んでいるのは「本物に触れることでの学び」。例えば、イ・ムジチ合奏団で聴く本物のヴィバルディ「四季」、能や狂言といった伝統芸能、学園創立当初から受け継がれている茶道、華道、箏曲といった日本の伝統文化を学ぶ課外授業。これらはコースの別なく受講できる。
 また、生徒の校外プロジェクトへの参加もバックアップしている。昨年度はスタンフォード大学で日本の高校生を対象に実施した「eジャパンプログラム」に、全国28人の定員という狭き門を突破した跡見の高3と高2の生徒2名が参加。彼女たちはスタンフォード大学教授による、「日米関係」「シリコンバレー」「メジャーリーグ」など、様々なテーマの事前読書(英文)をこなしたうえ、ビデオ講義を視聴して意見をポストし、オンラインで討論するというアメリカ大学教育さながらの高度なバーチャル授業を月に2、3度、9ヶ月間にわたって受講した。途中で脱落者が出るほどハードなものだったが、「硫黄島について」というリサーチペーパーを英語で書き上げ修了証を授与された。このプログラムで鍛えられた彼女はTOEICで900点を超えるスコアを出し、慶應義塾大学へ進学。自ら発信することの大切さも学び、格段に積極的になったという。

80年親しまれた制服を一新 伝統を引き継ぎ、未来へ

 跡見は2016年度入学生から、昭和5年の制定以来、80年にわたって受け継がれてきた制服を一新した。コンセプトは「過去・現在・未来をつなぐ」。創設者・跡見花蹊から始まり140年かけて築いてきた跡見学園の歴史と伝統、そして日本の美を重んじるデザインだ。デザイナーは毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞した気鋭のクリエイティブ・デザイナー・廣川玉枝氏。紺のジャンパースカートにグレーのジャケット、スクールカラーの紫のリボンがアクセントになっている。新しい制服はやがて、新しい跡見の顔として定着していくだろう。そして、それを着た生徒たちは跡見での6年間で大きく成長し、夢へと続く確かな道を進んでいく。

School Data

跡見学園中学校
最寄駅名 茗荷谷 護国寺
URL http://www.atomi.ac.jp/jh/
大学合格実績 京都、東京外国語、東京学芸、東京藝術、東京農工、東京海洋、横浜国立、千葉、首都大学東京、横浜市立、埼玉県立、早稲田、慶應義塾、上智、国際基督教、東京医科、東京女子医科、聖マリアンナ医科、獨協医科、東京慈恵会医科、東京女子医科、埼玉医科、東京理科、明治、青山学院、立教、昭和薬科、北里、明治薬科など
学校基本情報 創立年(西暦) 1875年
併設校 跡見学園高等学校、跡見学園女子大学、跡見学園高等学校
生徒数 (1年)262人
クラス編成 (中1)36~38人 (中3以降)45~46人
男女比
授業時間 8:30~14:50 (土)~12:20
海外交流校
帰国生特別入試
中高6年間費用 500万円台
交通情報 茗荷谷駅(東京メトロ丸ノ内線)徒歩2分、 護国寺駅(東京メトロ有楽町線)徒歩8分
所在地 〒112-8629 東京都文京区大塚1-5-9
TEL 03-3941-8167