女子校

十文字中学校

学力向上に加え、豊かな人間性の育成で、自立心と協働の精神を身につける

校是は「優しくあれ、強くあれ、そして人と人とをつなぐ人になれ」。思いやりを大切に、国際社会を生き抜く強い力と幅広い人間関係を構築できる能力を備えた女性に育ってほしいという願いを込めている。その願いを実現すべく、創立以来、生徒の将来を見据えた教育を行ってきた。

授業、学校行事など、自主性と自立心を養う教育

 十文字中学ではグローバル社会で活躍するには語学力だけでなく、知力、行動力、そしてコミュニケーション能力が必要と考える。そのような力を育むため、授業や年間行事など、あらゆる機会に採用しているのが「DDP」、「CCP」教育である。「DDP」とはディスカッション・ディベート・プレゼンテーションの頭文字。すでに10年前から採り入れているが、ある課題について、自分で調べ、プレゼンテーションし議論する。その過程で自分の意見を主張できる力を身につけるのが狙いだ。しかし、主張だけでは相手に伝わらない。そこでさらに必要なのが「CCP(コミュニケーション・コーディネート・パートナーシップ)」の力である。CCPとは自分の考えを伝え、多くの考えをつなぎ、人間関係を築いていける力をいう。

生き生きと取り組めるカリキュラムで、能力を伸ばす

 DDP、CCPの力を育てるカリキュラムのひとつに高校1年で課せられる、職業についてのレポート提出がある。これは興味のある職業を調べ、実際に従事している社会人に生徒自らがコンタクトを取り、訪問し、話を聞き、レポートにまとめるというもの。相手を説得し、アポイントを取り、質問を考え、最後に礼状を発信するまで、すべて自分の力で行わなくてはならない。その過程で積極性やコミュニケーション能力、コーディネート能力が身につく。同時に社会に対する関心の幅がぐっと広まり、自分自身の将来や生き方を考える絶好の機会にもなる。保護者からはこれまで「生き生きとしてレポートに取り組んでいる」との声が数多く寄せられている。
 英語教育では電子黒板を活用し、話す・聞く・読む・書くをバランスよく伸ばす。電子黒板では歌や映画なども教材として利用し、話せるようになるだけでなく、相手を説得する際に効果的な表現方法を学習。ネイティブの教師は5名、授業以外でも、昼食をともにとったり、校外学習に同行したりと親しく会話する機会を数多く設けている。中学3年生では全員参加でオーストラリアにおいて11日間のホームステイを実施し、実践的な語学力を身につける。

情操教育、精神面での、きめ細かなサポート体制

 女性として社会に貢献するためには豊かな人間性も必要である。十文字中学では情操教育にも力を入れている。世界に進出するにもまず自国の文化をきちんと学ぶことが重要と同校では考え、中学1年時には箏曲、2年時には華道、3年時には茶道を学ぶ。クラブ活動も活発でマンドリン部やサッカー部は全国大会で優秀な成績を収めるほどだ。
 精神面でのフォローは週4日間、カウンセラー2人が待機し、さまざまな悩みに耳を傾ける。毎朝10分間、行われる自彊術体操も心身の健全維持に効果をもたらしている。これは独特のストレッチで創立以来続く体操。免疫力を高める動きで精神面も鍛えられるという。
 生徒一人ひとりに対するきめ細かなフォローとしてタスクノート(A5サイズの手帳)がある。これは年間の学校行事が記入されたカレンダー形式のノート。生徒はここにテストの予定、予習・復習に費やした自習時間等を書き込み提出する。担任はこのノートから生徒の現状を知ることができ、状況に応じた適切なアドバイスなどのコメントを返す。ノートを介し、双方向のコミュニケーションが取れているのだ。
 学力向上と情操教育がどちらも偏ることなく行われているからこそ、卒業生に知性と豊かな感性を備え、国際社会で羽ばたける女性が巣立っているのである。

School Data

十文字中学校
最寄駅名 巣鴨 大塚 大塚駅前
URL http://js.jumonji-u.ac.jp/
大学合格実績 東京外国語、筑波、お茶の水女子、東京学芸、東京藝術、東京農工、横浜国立、電気通信、東京海洋、北海道、埼玉、千葉、新潟、鹿児島、国際教養、首都大学東京、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、明治、青山学院、立教、中央、法政、学習院、津田塾、東京女子、日本女子など
学校基本情報 創立年(西暦) 1922年
併設校 十文字高等学校
生徒数 (1年)189人
クラス編成 (1年)31~33人
男女比
授業時間 (月・水)8:45~14:40 (火・木・金)~15:35 (土)~12:15
海外交流校
帰国生特別入試
中高6年間費用 約450万円
交通情報 巣鴨駅(JR、都営三田線)徒歩5分、 大塚駅(JR)徒歩5分、 大塚駅前駅(都電荒川線)徒歩5分
所在地 〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-10-33
TEL 03-3918-0511