共学校

帝京中学校

中高一貫で受験にも人生にも役立つ 英語の総合力を身につける

帝京は平成27年度から一貫特進コース、一貫進学コースの2コース制を導入。中学入試科目に英語を採用し、どちらのコースも英語教育に力を入れている。その目的は大学受験、そして「使える英語」の修得にある。

習うより慣れることが大事 全校参加の英語暗唱コンテスト

 帝京では一貫特進コース、一貫進学コースとも6年間、公立の1・3~1・5倍の時間数をかけて英語の文法力、読解力、語彙力、会話力をバランス良く学び、英語の総合力の向上を図っている。例えば、どちらのコースの生徒にも課せられているのが、夏休み明けの9月に行われる「レシテーション・コンテスト」だ。中1は30秒程度の小話、中3は2~3分、高校生になると、キング牧師やマザーテレサなどの有名なスピーチを暗唱する。「習うより慣れろ、が本校の英語教育の基本です。英文を暗唱して発表するという行為は、人前で英語を話すことへの恐怖を克服する訓練にもなります」と英語科の岡田大介教諭。クラスでの発表で代表者を決め、文化祭で発表する。昨年は特進コースの中1生が5位に入賞し、上級生を驚かせた。
 コンテストは、ネイティブ教員によるオーラル・イングリッシュの成果とも言える。同校にはアメリカ人3名、イギリス人3名の教員が在籍。授業だけでなく、休み時間や放課後でも生徒に気さくに接して英語に慣れさせている。「中3の7月に18日間の語学研修がありますが、生徒はそこでさらに自分が話す英語が通じる自信と安心感を得て、英語を学ぶことへの意欲を高めていきます」と岡田教諭。昨年度は12月に中2~高校生を対象に、シアトルで1週間のクリスマス・ホームステイを実施、これをきっかけに海外進学を希望する生徒も出ているという。

先取りして戻りつつ、中3までの英語をしっかり定着

 また、同校では先取り学習を取り入れているが、それは先に進んだ上で、戻って復習するためだという。「今、中3の生徒に名詞の複数形を復習させています。1つの単元に4回は戻ります。高校の英語は6割が中学英語。中3までに学んだことをしっかり定着させることが大事だと考えています」と岡田教諭。例えば一文問題は得意でも、長文読解が苦手という生徒が少なくない。これを解消するために、「新中学長文問題集」を副教材に採用し、会話文や小論文、エッセイなどの長文を読む時に、主語と動詞、文頭の接続詞、わからない単語などに異なる色のボールペンやマーカーで印を付けさせ、書かれている内容を短時間で把握するためのテクニックを教える。英語は主語と動詞がはっきりしているから、これさえわかっていれば、おおよその内容が把握できるのだ。
 ほかにも単語力の定着を目標に、桐原書店の「ハイパー英語教室 中学英単語1600」から1回20問、16問以上正解で合格の単語テストを中1から中3まで定期的に実施している。特進コースの生徒は毎週土曜日のホームルームに英語の読み物を読み、それを日本語に要約して提出するという課題もこなす。

英語力はどんな進路を選んでも、自分の糧となるスキル

 特進コースでは中3で英検2級取得、高校でGMARCH以上に一般受験合格100%を目標に、より難易度の高い問題に取り組んでレベルアップを図っていく。一方、進学コースは社会においてさらに使える英語を目標に、会話力を重視し、ネイティブ教員によるオーラル・イングリッシュの時間が特進よりも多く設定されている。グローバル社会において、英語はどんな進路を選んだとしても、身につけておいて損はないスキルだ。帝京のバランスの取れた中高一貫の英語教育は、大学受験はもちろん、その後の人生をも支えてくれる確かな糧となるだろう。

School Data

帝京中学校
最寄駅名 十条 東十条 板橋本町 王子
URL http://www.teikyo.ed.jp
大学合格実績 お茶の水女子、千葉、埼玉、東京藝術、慶應義塾、早稲田、上智、北里(医)、 東京理科、明治、青山学院、立教、中央、法政、学習院など
学校基本情報 創立年(西暦) 1943年
併設校 帝京高等学校
生徒数 (1年)74人
クラス編成 (特進)約20人(進学)約30人
男女比 男56% 女44%
授業時間 8:40~15:10 (土)~12:30
海外交流校
帰国生特別入試
中高6年間費用 400万円台前半
交通情報 十条駅(JR埼京線)徒歩12分、 東十条駅(JR京浜東北線)徒歩20分、 板橋本町(都営三田線)徒歩8分、王子駅(JR京浜東北線、 東京メトロ南北線)からバス「帝京大学病院前」下車徒歩3分
所在地 〒173-8555 東京都板橋区稲荷台27-1
TEL 03-3963-6383