男子校

佼成学園中学校

グローバルプログラムの始動で、21世紀型人材育成のロードマップが完成

一人一人のニーズをとらえたきめ細かな教科教育に加え、昨年度から難関国公立コースを新設した佼成学園。さらに、今年度は中1生からタブレット端末を使ったアクティブラーニング、グローバル・リーダープロジェクトがついに始動した。進学実績の躍進と教育環境の充実で注目度が高まる。

新設の難関国公立コースで、躍進をみせる進学実績

 「行学二道」を校訓とする佼成学園は、体験による人格の向上(行)と学問による知識(学)を両輪に教育活動を展開し、平和な社会の繁栄に役立つ若者を育成している。近年は5年連続で東大合格者を出すなど、学業でもめざましい成果を上げている。
 それを支えるのは面倒見の良さ。英語の2分割授業や数学のチームティーチング、習熟度別授業、補習、講習、年に数回の学習合宿など、一人一人の細かなニーズを捉えた教育で、学力の底上げを行っている。
 昨年度には、高校入学生と中学成績上位者からなる「難関国公立コース」が新設された。予備校などで活躍する有名講師と男女両校のベテラン教員によるトップレベル講習、放課後に予備校の受講費を支援するスカラシップ制度、難関大合格の卒業生によるチューター制度、長期休業中のトップレベル合宿などで、生徒を全力でサポート。一期生32名が高い目標に挑んでいる。

ICT環境の整備で、最新のアクティブラーニング

 今年度は、学習環境にいっそうの充実が図られた。まず、ICT環境のさらなる整備である。中1生から高2生の全員にタブレット端末を持たせ、全教室に電子黒板機能付プロジェクター・スクリーンとWi-Fiアンテナを設置し、アクティブラーニングを推進する。
 「タブレット端末により参加型の授業が展開できることで、これまで学習態度が消極的だった生徒も、発言が多くなるなど、学習意欲の向上を実感しています」と青木謙介教頭。
 もちろんこれは、授業の効率化と生徒の理解を深めるための指導法を研究する教師の熱心な姿があってこそである。タブレット端末では学習時間や成績の管理も可能。保護者所有の端末からも学習状況などが閲覧可能で、生徒・保護者・教員三者のコミュニケーションツールとしても機能している。

佼成学園ならではの、グローバルプログラムが始動

 そして、新中学1年生から選抜者による「グローバル・リーダープロジェクト(GLP)」がいよいよスタートする。コミュニケーションのための実戦的英語力育成、多様な価値観・多文化理解を目的に、中学3年間でモンゴル、フィリピン、タイ等のアジア圏で研修を行う。希望者にはオーストラリアホームステイ、ニュージーランドターム留学も用意されている。その一方、放課後授業としてグローバルコミュニケーション講座、GLPトップレベル講習など英語教育を徹底的に行う予定だ。まさに「行学二道」を体現するプログラムだ。
 研修では特に現地生徒との交流にも重きを置く。「平和な社会の繁栄に役立つ若者の育成」という建学の精神の下、平和学習も必須プログラムとしている。
 「こうした体験から人間性やコミュニケーション能力が磨かれ、グローバルリーダーの素地がつくられていく。生徒は活躍できる機会があればあるほど伸びていくもの。その機会を与え、世界にはばたく道筋をつくってあげたいですね」(青木教頭)。
 GLP終了後は、高校での欧米留学や難関国公立コースを経て、難関国公立大、SGU、国際系大学への進学を見据える。「これで本校の21世紀型グローバル人材育成のロードマップが完成しました」(青木教頭)。
 昨年度より適正検査型入試が導入され、入学までの選択の幅も広がった。教育環境の充実で新たなフェーズに入った佼成学園のこれからに注目したい。

School Data

佼成学園中学校
最寄駅名 方南町
URL http://www.kosei.ac.jp/kosei_danshi/
大学合格実績 東京、北海道、九州、東京工業、筑波、横浜国立、電気通信、東京海洋、東京農工、東京外国語、埼玉、千葉(医)、新潟(医)、首都大学東京、横浜市立、防衛医科、慶応、早稲田、上智、国際基督教、東京理科、学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政など
学校基本情報 創立年(西暦) 1954年
併設校 佼成学園高等学校
生徒数 (1年)135人
クラス編成 30人程度
男女比
授業時間 8:20~15:00 (土)~12:30
海外交流校
帰国生特別入試
中高6年間費用 400万円台前半
交通情報 方南町駅(地下鉄丸ノ内線)徒歩5分
所在地 〒166-0012 東京都杉並区和田2-6-29
TEL 03-3381-7227