共学校

東京農業大学第一高等学校中等部

「知耕実学」がもたらす、現代を生き抜くための高い思考力

物事には様々な切り口があることに気づき、生徒に自分で考える力を身につけてもらいたい――。これが東京農業大学第一高等学校中等部の願いだ。理科と社会科に焦点を当て、同校の取り組みを紹介する。

電子黒板を効率的に使い、実験結果の考察をサポート

 「知耕実学」を教育理念に掲げる東京農業大学第一高等学校中等部。実学で生徒一人ひとりが自分の「知」を耕し、深めてほしいという願いが込められている。このことは各教科の学びにおいても重きが置かれており、2020年度の大学入試改革に向けた思考力や表現力を育む授業を展開するための礎にもなっている。
 理科では、中高を通じて電子黒板によるICT教育を行っている。例えば、中1でタマネギの根を使った細胞分裂を観察する実験を行うが、結果を電子黒板に入力してクラスの平均値を取り、生徒一人ひとりが考察して発表するための材料にするなど、データ処理のスキルアップや生徒同士の議論のきっかけとして活用している。高校の生物では、海外の研究者がインターネットで発表する資料映像を補助的に用い、生徒の理解の一助としている。
 「ICT教育のメリットを生かしつつ、実物主義を心がけています」と語るのは、理科の川澄太一教諭。中学では、実験結果といった自分で集めた情報を分析して思考力を伸ばす。高校では、実験を行いながらも、抽象的な事象に関しては資料映像で具体的なイメージをつかんだ上で考察を深める。このように、実験を第一に優先させ、これと連動させながら電子黒板をフル活用して理解を深めて生徒の科学的思考力を磨いているのだ。

自ら考え、発表する機会を増やし、知識偏重型の学びから脱却する

 社会科の目標は、知識を習得するだけでなく、それを分析して活用する力を養うことにある。中1は地理、中2で歴史、中3では公民を履修するが、地理は物事を「空間」で、歴史では「時間」で捉える力を伸ばし、地理的・歴史的視点を総動員して公民を学ぶといったように、社会科全体の学びを統合した思考力を育む。中3の3学期には、時事問題からテーマを一つ取り上げてディスカッションやプレゼンなどを行い、3年間の学びの集大成として仕上げる。「中3ともなると多角的に物事を見る力が定着し、実に様々な発表がなされます」と常久大介教諭は語る。
 さらに高2の現代社会では、持ち回りで生徒全員が30分程度の模擬授業を行う。生徒自らがテーマを提示して全員で話し合うが、「LGBT」「18歳選挙権」といった最近のホットトピックスから「食用のカニをラップで包装するのは虐待か」といったユニークなものまで、テーマは多岐に渡る。桐生正史教諭は「毎回、授業の終わりに、生徒たちの話し合いに関連した内容が載っている教科書のページを参照させ、教科書の学びにつなげています。この科目は我々が生きている社会がそのまま教材になる。そのことに気づくことで能動的に学ぶ姿勢も身につきます」と語る。

学びの意義や楽しさを体感して、納得できる進路を選択していく

 同校では学際的な取り組みとして模擬国連への参加のほか、希望者を対象としたゼミ活動を行っている。「環境」や「原発」をテーマとしたゼミ、科学誌『Nature』を原文で輪読するゼミなど、どのグループにも社会や理科、英語の教員がオブザーバーとして参加し、展開される。「ゼミ活動は授業で身につけた多面的な見方を実践する場であり、進路教育の一つ。大学で何を、どうやって学ぶのかを見つける手掛かりになれば」と桐生教諭は語る。
 授業も、課外活動も、同校の日々の取り組みは大学での有意義な学びに着実につながり、およそ半数以上の生徒がGMARCH以上の大学に進学するなど、好調な進学実績を残している。近年は国公立大学および医学部を志す生徒が増加。同校で深めた「知」を、大学、そして社会で花開かせていくための丁寧な指導に、今後もさらなる期待が持てる。

School Data

東京農業大学第一高等学校中等部
最寄駅名 経堂 上町 渋谷 等々力 用賀
URL http://www.nodai-1-h.ed.jp/
大学合格実績 東京、京都、東京工業、一橋、北海道、東北、大阪、東京藝術、東京外国語、電気通信、東京農工、東京学芸、筑波、横浜国立、千葉、首都大学東京、横浜市立、東京農業、慶應義塾、早稲田、上智、国際基督教、東京医科、東京慈恵会医科、東京理科など
学校基本情報 創立年(西暦) 1949年
併設校 東京農業大学第一高等学校、東京農業大学
生徒数 (1年)189人
クラス編成 37~38人
男女比 男59% 女41%
授業時間 8:20~15:10 (土)~12:40
海外交流校
帰国生特別入試
中高6年間費用 500万円弱
交通情報 経堂駅(小田急線)徒歩15分、 上町駅(東急線)徒歩15分、 渋谷駅(JR、東京メトロ、東急線、京王線)・ 等々力駅(東急線)よりバス「農大一高前」下車、 用賀駅(東急線)よりバス「農大前」下車
所在地 〒156-0053 東京都世田谷区桜3-33-1
TEL 03-3425-4481