共学校

東邦大学付属東邦中学校

リベラルアーツ型カリキュラムで、「なりたい自分」を見つける旅へ

2017年から千葉県で初めて完全中高一貫教育をスタート。これに向けて6年間で幅広く学び、深く学ぶリベラルアーツ型のカリキュラムを開始。また、学内に多様性を実現させる取り組みにも力を入れる。

6年一貫教育で実現する、体系的なリベラルアーツ教育

 完全中高一貫化のメリットは、二重構造を解消し、すべての生徒を6年間かけてじっくり育てることができるという点だ。さらに東邦では、このメリットを最大限に活かすため、さまざまな改革を行っている。
 高校から入学する生徒がいなくなるため全体の生徒数が減るが、教員数は据え置き。一人ひとりに目が届く少人数教育を実現させる。また、授業に広がりを持たせることができるように、これまで専用教室だけだった電子黒板を全教室に設置し、ICT化を急ピッチで進めている。
 同校では、理系で研究者志向が強い生徒が多数を占める。彼らに影響されて文系の生徒も資格を取り、専門性を活かした仕事に就きたいと願う生徒が少なくない。高1までは全ての教科で幅広くしっかりと基礎・基本を学び、将来の専門性を支える土台を作る。その上で高2から自分の専門性を高めていくリベラルアーツ型のカリキュラムを採用したのは、それが東邦生に最適と考えたからだ。「現在も卒業生350名のうち約1/3の生徒が国公立医学部、東京、一橋、東京工業など難関大学を含む国公立大学に進学しますが、リベラルアーツ型カリキュラムにおいてはますます国公立に強くなると思います」と、松本琢司校長はいう。
 生徒が自ら「やりたいこと」を見つけ出すための「学問体験講座」をはじめ、河口湖での自然体験や奥会津での農業・林業体験、長崎での平和学習など、校外学習や修学旅行もいっそう充実させていく予定だ。
 10代の若者はみずみずしい感性を持っている。体験を通じてまず感性に訴えかけ、しっかり学ぶことで理性を高める。そうして知識は厚みのある教養となっていく。

多様性をあたりまえに許容する、「小さな世界」(スモールワールド)のような学校づくり

 もう一つ、同校が今後、力を入れて行きたいと考えているのが、「まるで小さな世界(スモールワールド)のように、宗教・文化・社会的背景など多様性にあふれる環境を、学校の中につくり出す」という試みだ。同校ではこれまでもアメリカやタイなどから留学生を迎え、帰国生も受け入れているが、2014年、学内に設置した国際交流室をベースに、「さらに積極的に受け入れることで、生徒が多様性をあたりまえとして受け止めるリベラルな雰囲気を現出したい」と松本校長。
 また、生徒が海外体験をする機会も増やす。現在の高1の希望者に実施しているオーストラリア・ブリスベーンでの語学研修に加え、シンガポールなど東南アジアのハイスクールに滞在するプログラムも実施する予定だ。千葉県習志野市の国際交流事業をはじめ、国内外のさまざまな留学・交流情報も随時、国際交流室から生徒に向けて発信し、参加を希望する生徒をサポートしていくという。

「自分探し」は長い旅 時には立ち止まる時間も必要

 学校は生徒に「ああしなさい」「こうしなさい」とは極力言わない。「ああしたい」「こうしたい」は生徒が自ら思い、実践することだからだ。「こうなりたい」を見つけるのが自分探しとすれば、その道のりが短くはっきりしている生徒もいれば、長く先が見えない生徒もいる。
 幸い、高校受験がない中高一貫教育には時間的な余裕がある。松本校長は、生徒にこんな言葉をかけるという。「時に立ち止まって悩み、考え、徹底的に迷いなさい」と。道しるべは、そこかしこにある。先に歩いている友だちや先輩もいる。再び歩き始めたとき、きっと道は拓け、何かが見えて来るだろう。

School Data

東邦大学付属東邦中学校
最寄駅名 津田沼 京成大久保
URL http://www.tohojh.toho-u.ac.jp/
大学合格実績 東京、京都、東京工業、一橋、北海道、東北、名古屋、大阪、九州、東京医科歯科、東京外国語、筑波、千葉、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、国際基督教、東邦、自治医科、東京慈恵会医科、日本医科、北里、順天堂(医)、星薬科など
学校基本情報 創立年(西暦) 1952年(高校) 1961年(中学)
併設校 東邦大学付属東邦高等学校、駒場東邦中学校・高等学校、東邦大学
生徒数 (1年)302人
クラス編成 37~41人
男女比 男58% 女42%
授業時間 8:40~15:10 (土)~12:30
海外交流校
帰国生特別入試
中高6年間費用 400万円
交通情報 津田沼駅(JR総武線)よりバス15分、 京成大久保駅(京成本線)徒歩10分
所在地 〒275-8511 千葉県習志野市泉町2-1-37
TEL 047-472-8191