共学校

文教大学付属中学校

「冒険させる教育」を導入し、海外でも生きていける人材を育成

自学自習中心の学習指導、ビジョンを育てるキャリア教育、真に価値ある国際理解教育。これらを精力的に推進してきた文教が、ついに次のステージへ。「強い心」を育てる教育で、学校改革がさらに進化している。

2トップの独自体制で、パワフルに変革を推し進める

 文教大学付属中学校は、驚異的な勢いで進学実績を伸ばし続けている、今、注目の学校だ。その進化の原動力で、教育改革でも広く注目されてきた星野喜代美氏がこの春、シニアアドバイザー(SA)に就任。新たに、数々の教育困難校を立て直し、3月まで都立新宿高等学校校長を務めていた戸田弘美氏が校長として着任した。星野SAが学校紹介や「強い心」を育む教育に力を入れ、戸田新校長が学習指導や進路指導を強化する構え。2トップの新体制で、よりパワフルに変革を推し進めていく。

明確なビジョンを形づくる、キャリア教育と国際理解教育

 同校は、「キャリア教育」「国際理解教育」に力を入れている。
 「キャリア教育」では、「中3までに目指す職業を言えること」「高2までに進みたい学部・学科を言えること」を目標設定。生徒たちが「文教コンダクター」として同校のPRを担う広報活動をはじめ、精力的に仕事体験や職場見学を行っている。
 一方の「国際理解教育」では、オーストラリア・クイーンズランド州政府教育省と提携し長期留学を実施。すでに19名の生徒たちが提携校で留学生活を送ってきた。現地でトップの成績を収めた生徒が、ノーベル賞受賞者も輩出する名門クイーンズランド大学(世界ランキング60位)に進学予定である。こうした実績を踏まえ今年度より、オーストラリアだけでなく台湾の大学への進学を目指した留学支援もスタート。英語による大学教育を手頃な学費で受けることができ、さらに欧米の一流大学に長期留学できてしまうのだ。ほとんどの大学でWディグリー制度が採用されているため、英中二カ国語の習得とともに、台湾・欧米、二大学の学士号を取得することができる。
 「台湾の大学には、日本の大学では経験できないような熱い教育が息づいている。高い志を持って勉強する学生たちの姿は、すばらしいのひとこと。当校の教員も『うちの子どもを入学させたい!』と言っていたぐらい。これからは英語だけでは不十分」と星野SAは語る。
 そのためTOEFL受験のための学内講座も開設し、また助成金制度も整備するなど海外を目指す生徒を積極的にサポートする。

「強い心」を育て上げ、自ら立ち上がる子を育成する

 星野SAが、今年度、もっとも強化したいと考えているのが「冒険させる教育」だ。少子化によって子どもを守る教育が定着し、親や教員が、子どもを大事にしすぎてしまう昨今。星野SAは「子どもたちが弱くなってきた」と感じているという。
 「例えば、子どもが転んだとき。日本人の親はすぐに抱き起してしまうけれど、海外の親は『自分で起きなさい』と言うんです。そして、起き上ったらめいっぱい誉めてあげる。私たちは、そういう教育をしたいと考えているのです」(星野SA)
 できないことができるようになったとき、子どもは大きく成長する。自分にもできたという達成感と、苦しみを乗り越えた成就感。こうした感動を大切にし、海外でも仕事ができる「強い心」を育てたいと考えているのだ。そのために、キャニオニングや宿坊体験などアウトドアプログラムも計画中。これまで取り組んできた「キャリア教育」「国際理解教育」を、「強い心」を育てることでさらに発展させるのだ。

School Data

文教大学付属中学校
最寄駅名 旗の台 荏原町 中延
URL http://www.bunkyo.ac.jp/faculty/ghsn/
大学合格実績 東京学芸、琉球、首都大学東京、横浜市立、神奈川県立保健福祉、富山県立、秋田県立、北見工業、群馬県立女子、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政、立命館、武蔵、文教、日本女子、津田塾、昭和、星薬科、東京薬科など
学校基本情報 創立年(西暦) 1927年
併設校 文教大学付属幼稚園、文教大学付属小学校、文教大学付属高等学校、文教大学
生徒数 (1年)150人
クラス編成 36~39人
男女比 男58% 女42%
授業時間 (火・木・金)8:10~15:55 (月・水)~14:55 (土)~12:20
海外交流校
帰国生特別入試
中高6年間費用 400万円台前半
交通情報 旗の台駅(東急池上線・大井町線)徒歩3分、 荏原町駅(東急大井町線)徒歩3分、 中延駅(東急大井町線・都営浅草線)徒歩8分
所在地 〒142-0064 東京都品川区旗の台3-2-17
TEL 03-3783-5511