共学校

明星中学校

豊富な「体験教育」を通じて、世界に貢献できる人の育成を目指す

進学校から着任した畠山校長のもと、学校改革を進める明星中学校。「多読・多聴」など独自の英語教育に加え、来年度からは中3の全員参加で「英語圏1ヵ月留学」もスタート。世界に貢献できる人の育成を目指す。

中3全員に、約1ヶ月間の語学研修を実施

 「和の精神のもと、世界に貢献する人の育成」を建学の精神に掲げる明星中学校。昨年4月校長に就任した畠山武校長は、同校の伝統を受け継ぎつつ、さまざまな学校改革を進めている。
 「体験教育の明星」を教育方針に掲げる同校では、国際教育においても中2でのネイティブの先生との「イングリッシュキャンプ」(4日間)を始めとした独自の体験学習を実施してきたが、さらに平成29年度からは、「中3全員を約1ヶ月間、海外の教育機関での英語研修に連れていく計画を進めています」と畠山校長。現在候補として上がっているのは、ビジネスマンの英語研修でも注目され、アジア各国から留学生を受け入れてきた実績のあるフィリピン。英語漬けの生活で生きた英会話を学び、研修の終わりには現地の中学生との交流なども企画されるという。
 また「英語の多読・多聴」も同校のユニークな教育の一つ。図書館の洋書をレベルに応じて読み、シャワーのように音声を聴くことで、自然と英語が理解できるようになる。また豊富な映像を使ったアメリカのデジタル教材「BookFLIX」「TrueFLIX」を日本の学校で初めて導入するなどコンテンツの充実も怠りない。
 「4年後の大学入試改革に向け、英語の4技能(読む・書く・聴く・話す)を高めて行きます」(畠山校長)

最先端の生命科学に触れる、充実の理数教育

 学校改革の柱の一つとして、平成28年度より新設されたのが「明星グローバルサイエンスクラス(MGS)。国際社会で活躍するリーダーの育成を目的とし、東大・京大をはじめとする最難関国公立大学や最難関私立大学(早慶上理)、医系大学、海外の大学への進学をめざす特進コースだ。
 MGSクラスの学習内容は、受験だけでなく実社会でも使える英語の習得をめざしたハイレベルな英語教育、タブレット端末を導入した教科横断学習やアクティブラーニング、充実した理数教育という特徴を持つ。
 「本校では従来、高1までの4年間で100回以上の実験・観察、また希望者を対象にした『わくわく理科実験』などを実施して5つある実験室をフルに活用してきました」。
 特に農学の博士号を持つ畠山校長の強みを生かし、最先端の生命科学系に特化した教育の導入を検討。「例えば本校の向かいにある東京農工大農学部との連携も進めていきたいと思っています」。
 近年とみに理系大学で実践的な英語が求められていく中、理科教育と英語教育とのコラボレーションという視点から、同大学に留学している外国人学生の協力を得て、英語で実験、レポート作成、発表といった機会も設けていきたいと考えているそうだ。

生徒一人ひとりと向き合い、個性とがんばりを認める

 着任以来、畠山校長が大切にしてきたのが生徒とのコミュニケーションだ。毎週の校長講話では、世界情勢や社会問題から中高生が興味を持ちそうな話題を取り上げて解説。「毎回準備は大変ですが、『あの話はとてもよかった』と感想を寄せてくれる生徒も増えてきました」。
 また部活の大会や発表会にも、時間が許す限り駆けつけ生徒に混じって応援をする。「教育は人づくり。一朝一夕に変革が進むものではありませんが、一人ひとりの個性と向き合い頑張りを認める教育を通じて、子どもたちの無限の可能性を伸ばして行きたいと考えています」と語る畠山校長のもと、明星のさらなる飛躍に今後も期待が集まりそうだ。

School Data

明星中学校
最寄駅名 国分寺 府中 北府中
URL http://www.meisei.ac.jp/hs
大学合格実績 筑波、東京学芸、群馬、東京海洋、埼玉、茨城、鹿児島、首都大学東京、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、明治、青山学院、立教、中央、法政、学習院、成蹊、國學院、明治学院、日本、東洋、芝浦工業、専修など
学校基本情報 創立年(西暦) 1923年
併設校 明星幼稚園、明星小学校、明星高等学校、明星大学
生徒数 (1年)120人
クラス編成 約30人
男女比 男50% 女50%
授業時間 8:30~15:05 (土)~12:35
海外交流校
帰国生特別入試
中高6年間費用 500万円台前半
交通情報 国分寺駅(JR、西武線)徒歩20分またはバス「明星学苑」下車、 府中駅(京王線)徒歩20分またはバス「明星学苑」下車、 北府中駅(JR)徒歩15分
所在地 〒183-8531 東京都府中市栄町1-1
TEL 042-368-5201