関西の有力校

関西大倉中学校

国公立大学を目指す風土が定着 北摂エリアトップクラスの実力校

ここ数年、東京・京都・大阪・神戸をはじめとする国公立大学への合格者が過去最高となる180名を数えた。この数字は、教育熱の高い大阪・北摂エリアにおいて、もちろんトップクラス。伝統の中から培ってきた様々なノウハウを上手にカリキュラムへ落とし込みながら、さらなる教育環境の充実に努めている。

入学時から躓くことなく確実にステップアップを図る

 進学校として知られているが、校風はとても穏やか。無理な詰め込みや先取りは行わず、それぞれのスピードに合わせ、粘り強く成長を支えていくのが同校の教育スタイル。ていねいなノートチェックをはじめ、「鍛錬テスト」(英語・数学)や「漢字テスト」等で一人ひとりの習熟度をこまめに確認しながら、学力差が生まれないよう入学時から教員が面倒見良く付き添っていく。
 各教科の授業は良く工夫されている。たとえば、国語。中学では珍しく古典を実施しており、社会科とは違う角度で歴史についても学ばせていく。また、ディベートとディスカッションを融合させた「ディベカッション」もユニークな学び。「憲法九条を改正し軍隊を持つ」という題目で、肯定側と否定側に分かれて討論させた後、今度は自分の考えに基づき、賛成・反対それぞれの立場から議論を重ねていく。中学生ながら多様な意見や考えが飛び交うなど、非常に密度の濃い時間となっている。
 英語はネイティブとの「チームティーチング」をはじめ、高校では英語でネイティブと文化交流を図る「校内留学」が定着。さらに、以前より実施しているオーストラリア研修とは別に、希望者によるオックスフォード語学研修プログラムが昨年度よりスタート。他の教科においても、生徒の心を刺激するアプローチが満載。勉強好きの生徒が本当に多い。

モチベーションを生み出すリアルな体験や様々な取り組み

 中1より職場見学や各種研修を受ける機会を設け、中3では旅行代理店や印刷工場、ガソリンスタンドなど約70もの事業所にてインターンシップを行うなど、キャリア教育も充実。就業体験を通して職業観を育み、高校以降の進路について自分自身で見つけられるようにしている。年々受入先や就業メニューの拡充を図っており、様々な可能性に出会っていける。
 修学旅行では、世界遺産の屋久島へ向かい、縄文杉を見学。樹齢2000年以上を超えるこの木に出会うには、往復25キロの山道を約11時間かけて歩かねばならない。過酷な道のりだが、「達成感が半端なく、生徒全員が最高の喜びに浸るそうです」と下川校長。
 また、地域に協力を仰ぎ米作りに挑戦するなど、体験を伴う行事も多い。机に向かうだけでない“リアルな学び”にも注力している。

放課後の活動も盛ん 安心して過ごせる6年間

 中学では大多数の生徒がクラブに参加。運動系・文化系ともに基本週3日の活動で、勉強との両立が図れるよう配慮している。
 放課後の学習会は“関倉名物”のひとつ。これは教員主導の自主的な勉強会で、苦手科目の克服やハイレベルな問題への挑戦など、生徒が自ら課題意識を持って参加する。多数の講座が用意され、高校では京大・阪大・神大を目指す「京阪神クラブ」といった受験に直結した講座もある。
 キャンパスは茨木市の山手に位置するが、各駅よりスクールバスを運行させており、通学面での心配もない。校内では生徒指導が行き届いており、服装乱れもなく挨拶の声も大きくて爽やか。
 ICT教育環境として、全教室にプロジェクターを設置している。その環境を利用したアクティブ・ラーニング型の授業も盛んに行われている。

School Data

関西大倉中学校
最寄駅名 茨木、茨木市、千里中央、北千里、石橋
URL http://www.kankura.jp/
大学合格実績 京都、大阪、神戸、北海道、名古屋、横浜国立、大阪府立、大阪市立、京都府立医科(医)、名古屋市立(医)、京都工芸繊維、大阪教育、京都市立芸術、広島、徳島、兵庫県立、同志社、立命館、関西学院、関西、早稲田、慶應義塾、上智、大阪医科 など
学校基本情報 創立年(西暦) 1902年
併設校 関西大倉高等学校
生徒数 440(1年152/2年142/3年146)人
クラス編成 約30~40人
男女比 男55% 女45%
授業時間 8:30~15:40 ※土曜~12:55
海外交流校
帰国生特別入試
中高6年間費用 500万円台前半
交通情報 茨木駅(JR京都線)スクールバス20分、千里中央駅(北大阪急行・大阪モノレール)・北千里駅(阪急千里線)スクールバス20分、石橋駅(阪急宝塚線)・茨木市駅(阪急京都線)スクールバス25分
所在地 〒567-0052 大阪府茨木市室山2-14-1
TEL 072-643-6321