共学校

開智日本橋学園中学校

国際バカロレア候補校ならではの教育で、世界標準の知識と思考力を育成する

2015年、国際バカロレアの候補校となった開智日本橋学園。質の高い国際レベルの教育に準拠した学びは、これからの社会で求められる課題解決力を育む素地となる。実社会で活かせる真の学力をめざす同校の学びに迫る。

プロジェクト型授業で仮説から最適解を導く力を

「『関ヶ原の戦い』は、なぜ関ヶ原で行われたのだと思いますか?」。教員からの質問に、生徒は考えを巡らせる。「広いから、戦いに都合が良かったのかもしれない」「そもそも場所が関ヶ原ではなかったら、どうなったのだろう?」……。それぞれの仮説から、このできごとが日本に及ぼした影響や歴史的な意義に至るまで興味は募り、学習意欲をかき立てる契機ともなる。
 これは開智日本橋学園の学びの礎であるプロジェクト型授業の具体例だ。「知的好奇心が刺激されれば、学びへのモチベーションにもなる。仮説を立ててディスカッションするという機会も多く取り入れていますが、その過程にある『自分の思いがうまく伝えられなかった』などの内発的動機から語彙力や考察力も磨かれる。試験で高得点を取るためではなく、自ら学ぶ意義や目標を見出したうえでの学び。これこそが、本物の学力になるはず」と、宗像諭副校長は語る。
 同校のプロジェクト型授業の狙いは、あらゆる物事における解決力を身につけること。「現代の社会は、正解がない世界。唯一の正解だけではなく、最適解を求める力も必要になる」と、宗像副校長。これはまさに、国際社会で活躍するために欠かせない資質であろう。
 年に一度、各学年で行われるフィールドワークは日頃の積み重ねを発揮する絶好の機会だ。中1では千葉県鴨川市の海辺で「磯のフィールドワーク」を行うが、学びの本質を生徒は改めて体感する。「磯で生物の観察を行うわけですが、自然科学だけでなく、実は、教科横断型の学びの場なのです」と、宗像副校長は語る。実際に磯という場に立つことで見えたり、感じられたりするもの――例えば、その情景から浮かぶ詩情、地形などの地理的見地など、国語や社会科ともリンクさせた学びを展開しているのだ。

海外大学進学も可能にする英語教育とクラス編成

 同校の合言葉は「ハーバード、ケンブリッジ、MIT、東大、京大、早慶…6年あるから夢じゃない!!」。同校独自のクラス編成もまた、この合言葉を実現できるように生徒それぞれの個性を生かして学べる環境となっている。
 中1から高1の4年間は4つのクラスに分かれている。まず、同校の特色の一つである国際中等教育と国際大学進学教育に準拠した学習を実施しているのは、グローバル・リーディングクラス(GLC)とデュアルランゲージクラス(DLC)。GLCは十分な英語力を持つ帰国生が中心だが、DLCでは英語初学者も対象。日本語をメインにした授業で英語を基礎から身につけながら世界標準の学びができる。
 ほかに、国内の大学進学を視野に入れたリーディングクラス(LC)、アドバンストクラス(AC)があるが、高2からの志望別進路に応じたクラスを検討する際、英語の学力によっては海外大学進学を目指す国際クラスを選択することも可能。同校の充実した英語教育の賜物であろう。高2以降のクラスは、国際クラスの他、国立理系、医学系、国立文系、私立文理がある。
 宗像副校長は「自己実現に向けていかに学び、何をするのか。高2までの4年間でじっくりと考えてもらいたいと思っています」と語る。自己を確立させながら学びを深め、目標を達成する。そのためには、10代という多感な時期をどのような学習環境で過ごすかがカギとなるが、同校なら、思い描いた以上の道が拓けるはずだ。

School Data

開智日本橋学園中学校
最寄駅名 浅草橋 馬喰町 馬喰横山 秋葉原
URL http://www.kng.ed.jp/
大学合格実績 ※編集部注:2015年度開設のため 卒業生はまだいません。
学校基本情報 創立年(西暦) 1905年
併設校 日本橋女学館高等学校、開智国際大学
生徒数 (1・2年)329名
クラス編成 13~27名
男女比 男48% 女52%
授業時間 8:40~16:05 (土)~12:30
海外交流校
帰国生特別入試
中高6年間費用 300万円台前半
交通情報 浅草橋駅(JR総武線、都営浅草線)徒歩3分、 馬喰町駅(JR総武線)徒歩3分、馬喰横山駅(都営新宿線)徒歩7分、 秋葉原駅(JR線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレス)徒歩12分
所在地 〒103-8384 東京都中央区日本橋馬喰町2-7-6
TEL 03-3662-2507