Diamond online

マネジングボード Managing Board

clear
マネジングボードホーム時代の空気を経営のヒントに Keep Watch!これがあの経営者の“仕事場”だ Leader’s Office我が社はコレで勝負! 起・業・人技術とアートと伝統の傑作 高級機械式腕時計を学ぶ

Leader's Office【第3回 オールアバウト社長 江幡哲也 えばた・てつや 

その道のプロたちの知識・経験をベースとする総合情報サイト「All About」を舞台に、「人間力」を追求したビジネスを推進し続ける江幡哲也氏。起業の志と信念を貫く経営者に、変革の時代を生き抜くリーダースピリットを感じた。
123次へ進む

うまくいかない理由を考えると失敗する


インターネットが普及する前から「今」を確信していた

 リクルート時代に立ち上げた新規事業の6つめが「All About」でした。社内ベンチャーの社長となって5年目に上場し、今年で11年目を迎えました。運が良かったとか時流に乗ったからだとは考えていません。インターネットがまだ普及していなかった1996年頃から、私は10年先の未来と市場を予測し、玉石混淆の中から信頼できる情報を提供する「All About」のような存在が、絶対必要になると確信していたからです。

 新しい事業を立ち上げる時は、流行り廃りやブームに踊らされず、より大きな世の中のうねりや変化の根本に突き刺さる、本質的な価値を見極めることが大切です。そしてそれが見つかったら、すぐに行動を始めるべきです。企画や戦略も必要ですが、すべてが変革の最中にある現代では、何よりも新しい構想をいち早く現実のモノやサービスにしていく「スピード」と「実現力」が問われているからです。

 "これだ"と確信した根っこの部分がある程度の形やレベルになるまでは、何も考えずに行動するのみです。うまくいかない理由を考えたり整理し出すと絶対に失敗します。当然、成功するまでには、いくつものハードルが立ち塞がります。それを乗り越えるには自ら汗をかき、仲間たちと一緒に努力し続けるしかありません。

 それでも上場までの5年間、悲観的になったことはありませんでした。「大丈夫、何とかなる!」「これでいこう、やろうよ!」と、ポジティブシンキングで周りを引っ張り続けました。腹を決めたら妥協しない、言い方を変えれば"諦めが悪い"(笑)。そんな私の性格が、ベンチャーの成功には欠かせない要件だったのかもしれません。

clear
clear
DIAMOND online
clear