都心に近い“茨城県”で 「働き方改革×移住」する 都市部で今の仕事を続けながら自然豊かな茨城で暮らすーー親の介護や結婚・子育てのタイミングで、地方での暮らしを考える人も多いはずだ。フレックスやテレワークなど多様な勤務体系が広がる中、県南地区は東京から30キロ、県庁所在地の水戸も電車で1時間超、茨城県が提案する“働き方改革×移住”は社員と企業双方にメリットをもたらす。

茨城県が推進する“働き方改革×移住”のメリット

東京からの通勤も可能な茨城県。その反面、山や海などの豊かな自然もあふれている。茨城県が提唱する“働き方改革×移住”の新しい取組みとは?

ほどよい田舎、茨城県ならではの
地方移住・二地域居住の魅力とは?

東京から近くて“ほどよい田舎”感が茨城県の魅力だ。県南端部は東京からわずか30kmほどなので都内への通勤も問題ない。沿線から少し離れると、本格的な里山暮らしも満喫できる。自分の理想に合ったエリアを選べるのも茨城ならではだ。… 続きを読む

茨城県が企業とのタイアップで
「トライアル移住・二地域居住」を支援

茨城県では、東京へのアクセスの良さを生かし、東京圏から新たな人の流れをつくり出す施策として「トライアル移住・二地域居住推進事業」をスタートした。働き方改革を進める都内の企業と茨城県がタイアップする社員の移住・二地域居住のメリットとは?… 続きを読む

ちょっと勇気を出せば
ものすごく豊かな生活が待っている
〜 井手英策・慶応大教授インタビュー 〜

井手教授は、福岡県久留米市出身。大学入学とともに上京、社会人では仙台や横浜に住み、4年前に東京都練馬区から神奈川県小田原市へ移住。なぜ東京から地方都市へ移住したのか? 地方都市で暮らすメリットと地方移住が日本にもたらす影響について語ってもらった。…続きを読む

自然豊かな茨城県の魅力と移住者・二地域居住者の声

茨城県は交通網が南北に沿って伸びており、自然も豊かなことから、様々なライフスタイルが選択可能。農林水産業も盛んで食の宝庫でもある茨城県には都市部から移住者も増えている。

“いばらき”県南は東京から電車で1時間以内!
その他、充実の空港や高速道路事情も紹介

「ほどよい田舎」と言われる茨城。いまの生活に「何か違うな」と感じているなら、新たな場所に『移住』することで理想の暮らしに近づけるかもしれません。県南であれば東京への通勤も可能、県北では本格的な里山暮らしもできます。…続きを読む

都内へアクセス良好な高速バスで潮来市から通勤
移動時間を利用して資格を取得!

1日82往復の高速バスが運行される鹿嶋・潮来と東京駅。高速バス利用者に最大2万円の補助金が出る制度を利用して、潮来市の実家から東京お台場に通勤する横田さんは通勤時間を利用し、資格試験にも合格した。…続きを読む