[特別広告企画]家族で支える親介護 今から考える自分の老後

親や自分が高齢になったとき、老人ホームなどの施設に 住み替えるほうがいいのか、それとも自宅に住み続けたほうがいいのか。 さらに住み替えるとしたらその時期は、自立できているときがいいのか、 介護が必要になってからがいいのか。 こうした決断の裏には、施設の正しい情報や、親と子のコミュニケーション、 さらには自らの人生設計が必要になってくる。 介護福祉ビジネスに詳しい青木正人氏に、悩める老後の設計法を聞いた。

老後を考えることは自分のリスクマネジメントをすること

 「本当は誰もが、高齢で要介護状態になっても自宅で過ごしたいと思うのではないでしょうか。けれど在宅で暮らすためには、“スープの冷めない距離”に身寄りや見守る人がいる必要があります」

 と、語るのは、介護に詳しいウエルビー代表取締役の青木正人氏。”住み替えか、住み続けか”という問題は、高齢になり介護が必要になると、切実な選択になる。

 在宅で暮らしたい場合は、安全確保のための住環境を整備し、介護が重度化した場合の対策を考え、地域で使えるサービスを検証しておく必要がある。最近では、通い・訪問・泊りのサービスを一つの事業所で提供する「小規模多機能型居宅介護」というサービスも誕生した。

 子どもたちとの同居を考えるならば、生活スタイルや考え方が違うことを前提に、生活ルールを決めることも大切になるだろう。だがこうした在宅介護が難しい場合は、やはり自らのライフスタイルにふさわしい施設を探すことになる。

住み替え後の生活を思い描き情報を集める

 高齢者用の住宅に住み替える場合、選択肢はいくつかある。まず健康で自立できているうちに住み替えを考えるならば、高齢者専用賃貸住宅や住宅型有料老人ホーム(食事等の生活支援サービスは付くが、介護は別契約で外部の介護サービスを利用)という選択がある。有料老人ホームの場合、入居一時金などの費用は高額なものも多いが、プライバシーは保たれ、食堂や浴場、娯楽施設などの共用施設を利用できる。ただし介護が必要になったときには、介護専用居室に移り住んでサービスを受けなければならない施設もある。

 一方すでに介護が必要になっている場合は、施設が介護サービスと生活支援サービスを一体的に提供する介護付き有料老人ホームや、認知症の症状がある場合は、認知症対応のグループホームがある。グループホームとは、少人数で家庭的な雰囲気のなかでケアを受けながら共同生活を送る施設。また介護付き有料老人ホームのなかには認知症ケアに積極的に取り組むところもある。

 「住み替えに当たっては、住み替え後にどんな生活をしたいのか、はっきりさせておくことが大切です。自分でできることは自分でしたいのか、家事から解放されたいのか、仕事を続けたいのか、好きな趣味や活動を続けたいのか。こうした目的は、立地や住み替えの際の健康状態と併せて、施設選びのときの重要な要素となります」(青木氏)

 施設選びの際には、便利なポータルサイトがある。社団法人シルバーサービス振興会の運営する「介護サービス情報公表支援センター」のホームページや、「HOME’S 介護」などのWebサイトには、全国の施設の基本情報が掲載されている。ここで費用や介護サービス状況などを比較検討することができる。

ウエルビー代表取締役 青木正人氏

ウエルビー代表取締役 青木正人氏 あおき・まさと 1978年神戸大学経営学部卒業。福祉専門学校や高齢者福祉施設等の設立から運営を手がけるなど、福祉関連事業の理論と現場に精通。介護福祉ビジネスや自治体の福祉施策のコンサルティング等を展開している。著書に『新入介護職員 早期戦力化マニュアル』(日本医療企画)などがある。