ダイヤモンド・オンライン プラス | [特別広告企画]2014年秋冬ファッション特集 2014年秋冬ビジネススタイル 格子柄(チェック)スーツを知的に。 デキる男の最新です。

[洒脱さを演出する五つのコーディネート術] ミニマムな合わせこそが格子柄(チェック)スーツ攻略のカギ

商品写真

CARUSO チェスターコートのクラシックさが好バランス

今季らしいブルーのロロ・ピアーナ社製グレンチェック素材のスーツは『カルーゾ』の軽量モデル。その軽快な仕立てと相まって都会的なたたずまいを演出できるのはコンパクトなシルエットのコートだ。このように格子柄スーツに羽織るコートはやはり無地がコーディネイトしやすい。クラシックなチェスターフィールドタイプなら格子柄のスポーティーさも中和され、エレガントにまとまる。

コート27万円、スーツ23万円〈共にカルーゾ/伊勢丹新宿店☎03-3352-1111〉

商品写真

Vゾーンは色数を抑えてシックに

スーツスタイルはVゾーンが要。チェックスーツ初心者には白シャツ×ソリッドタイのシャープな合わせがアプローチしやすい。格子柄の色をソリッドタイとリンクさせればさらにシックに。

シャツ2万3800円〈エリコ フォルミコラ〉、タイ1万6000円〈フランコ バッシ/共にビームス 銀座☎03-3567-2224〉 チーフ スタイリスト私物

商品写真

繊細な眼鏡でクールな知性をプラス

カントリースタイル由来の格子柄。そのくつろいだムードを抑えて、眼鏡は繊細なメタルフレームを選び、クールかつスマートな演出を心掛けよう。ジョルジオ アルマーニが1989年に手掛けたファーストモデルの復刻版フレームは、モダンな知的さが最適だ。

眼鏡「AR5027T」4万円〈ジョルジオ アルマーニ/ミラリ ジャパン☎03-5428-6475〉

商品写真

ドレッシー過ぎない靴とかばんを吟味

外羽根モデルやウイングチップでは格子柄のカントリー色が際立ってしまうため、靴は端正な黒革のダブルモンクが正解。バッグも靴同様、ミニマムなモデルを選びたい。

靴6万3000円〈三陽山長/三陽山長 銀座店☎03-3563-7841〉 バッグ8万3000円〈ダニエル&ボブ/セルツリミテッド☎03-3448-1330〉

商品写真

腕元には凛とした気品を演出する

スポーティーな出自の格子柄スーツに、機能デザイン満載のダイバーズやクロノグラフはNG。正統派ドレスウオッチの中でもドレッシーな薄型設計の一本を厳選し、その気品でスポーティーさを抑えたい。

時計「マスター・ウルトラスリム 41」。自動巻き、SSケース41mm。88万5000円〈ジャガー・ルクルト☎03-3288-6370〉

週刊ダイヤモンド 2014年秋冬ファッション特集 協賛企業
麻布テーラー
now loading...
Diamond Style online TOP PAGE

「週刊ダイヤモンド」9月27日号も併せてご参照ください
※この特集の情報は2014年9月22日現在のものです

最新号を購入する