キャリアにこだわらずに社会のニーズに応えて働き続け、できることを積み重ねてきた二人の女性。共通点は、世の中の女性たちに、もっともっといきいきと働いてほしいという願い。エネルギッシュに情報発信を続けている関西大学政策創造学部 白石真澄教授と、一人でも多くの人に働いて輝く女性になってほしいと事業を推進するフォーデイズ 和田佳子社長が女性へのエールを語り合う。

[フォーデイズ株式会社代表取締役社長]和田佳子氏[関西大学政策創造学部 教授]白石真澄氏

ガラスの天井を設定して自主規制する女性たち

和田:女性の活用が必要という認識は政界も財界も共有していると思いますが、肝心の女性たちが自らの潜在能力に気づかず、働き始める勇気を持てていない。それが社会的な活躍を阻む一因ではないかと思うことがあります。

白石:私にも似たような感覚があります。女子学生と話していると、考え方が窮屈というか、自分で自分に「ガラスの天井」をかぶせて自主規制している。そんな印象を受けることもありますから。卒業したら就職しなければならない。結婚したら子供を産み、妻として母親としての責任を果たさなければならない。働き続けるなら、男性に負けない成果を上げなければならない。そんな既成概念に囚われずにもっと自由にやってもいいのに、自分にすごく高いハードルを課してもがいているような気がします。

和田:伝統的な男中心のビジネス社会に、女性をはめ込もうとしているわけですね。国は女性の社会進出を支援するといいますがピンと来ない。「女性管理職の割合を何パーセントにする」という話を聞きますが、それは性別で決めることではなく、女性の活躍の場が増えた先にある結果です。最初に数値目標を上げるところがそもそもおかしい。

白石:政治の場で語られる「働く女性像」が偏っていますよね。ビシッとスーツを着て、メイクをばっちり決め、タブレット片手にオフィス街を闊歩する。それが働く女性像。今後、女性が90歳まで健やかに生きる時代では、一人ひとりが自立して生涯をまっとうすることが、日本の将来をより豊かなものにするはずです。私は学生に「22歳からおばあさんの準備が始まるんだから、絶対仕事やめないのよ」と言うのですが。

和田:若い女性には専業主婦願望は強くあるようです。国がいくら制度をつくっても、女性の意識が変わらなければだめですね。

女性を経営資源として活用する会社が伸びている

白石:政府は「50年後の人口を1億人で維持する」とのことですが非常に難しい。日本の活力維持には3つの方法があります。まず「一人ひとりの生産性を上げること」ですが、これには限界があります。2つ目は「移民政策」で、労働力の確保はできても、社会保障や治安の面で不安が残る。3つ目が今日のテーマである「女性」で、若い世代だけでなく、子育てを終えた主婦や高齢者を含めて、女性を経営資源としてどう活用するかを考えるべきです。

和田:男性と女性の価値観は違いますよね。男性はどうしても給料、昇進、ポストへの執着が強くなりますが、女性はあまり囚われない。もっと自由に、フレキシブルに活用できる人的資源だと思います。経営者がそこに気づけば、女性が活躍する場をもっと増やすことで、企業の成長にもつなげられるのではないでしょうか。

白石:実際、女性を積極的に活用している企業の業績は伸びています。東証と経産省が、女性人材の活用に積極的な企業として選定する「なでしこ銘柄」も、投資家から高く評価されています。

和田:経営者に先見性のある企業は増えていますが、一方で、最初の「ガラスの天井」に象徴されるように、自主規制する女性たちがまだ多いのも事実です。環境は整いつつあるのに意識が変わらない。理由の一つにロールモデルの不足があるかもしれません。白石先生はロールモデルのお一人だと思いますが、働くことのどこに意味を感じているのでしょうか。

白石:私の場合、仕事を休んだのは出産の前後だけで、子育てをしながらずっと働いてきました。そこまで夢中になれた理由の一つはいろんな人との出会い。「人生、我以外、皆師也」が座右の銘で、嫌な人でも反面教師としての師と思えば、その出会いにも意味があります。人と出会うことで自分が成長する実感も得られます。

和田:最近は、自分と同じ価値観を持つ仲間同士だけで人間関係がクローズすることも多いので、そういう発想は重要ですね。

白石:もう一つは仕事をやり遂げて得る成果、やり終えた後の達成感。どんなに小さな仕事にも達成感はあり、それは外に出て働かないと味わえないものです。多くの女性がその達成感を味わえるようサポートすれば、状況は大きく変わるかもしれません。

PROFILE

写真:白石真澄氏

白石真澄しらいし ますみ

関西大学政策創造学部 教授
1987年(昭和62年)関西大学大学院修士課程 工学研究科建築計画学専攻 修了。(株)西武百貨店で店舗開発に従事した後、1990年(株)ニッセイ基礎研究所都市開発部および社会研究部門において調査・研究に従事。2002年(平成14年)4月より東洋大学助教授。教授を経て2007年4月より現職。専門テーマは「バリアフリー」、「少子・高齢化と地域システム」。著書に『白石真澄流 すっぴんお仕事術』(明治書院)他。

写真:和田佳子氏

和田佳子わだ けいこ

フォーデイズ株式会社 代表取締役社長
1956年広島県生まれ。1979年明治大学政治経済学部卒。2014年明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科修了(経営管理修士MBA)。1997年フォーデイズ株式会社を創業。「ナチュラル DNコラーゲン(核酸ドリンク)」の開発・販売により、2014年3月期には14期連続増収を達成。年商350億円を超える企業のリーダーとして現在に至る。
2008年NPO法人「ネパール・シナプス自立支援協会」を設立、理事長に就任。著書に『なぜ9割もリピーターになるのか』(ダイヤモンド社)。

INDEX