ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ダイヤモンド著者セミナー特別編
経営者・人事労務担当者のための
『労働法実践セミナー』

『社長は労働法をこう使え!』著者・向井蘭氏(弁護士)による特別セミナー!

「3万人のうち、わずか100人!」

 この数字は、全国にいる弁護士のうち、労働法を専門とする「経営者側」の弁護士の数です。会社と労働者のトラブルでは、会社に正義があることも多いのに、多くの社長が孤独な戦いを強いられています。そんな状況をすこしでも改善したいと思い、昨年、ダイヤモンド社より『社長は労働法をこう使え!』を出版いたしました。出版の反響は、もの凄く、この1年間で多方面から数多くの新たなご相談をいただきました。セミナー当日は、書籍には書けなかった司法のホンネや裏話、「モンスター社員・ぶら下がり社員」への効果的な具体的な対応法なども…。明日から使える、具体的かつ実践的なお話しをしたいと思います。

【特別セミナー概要】
日 時 : 2013年3月4日(月) 13時30分開演(13時開場)
                  16時30分終了予定  
会 場 : 東京・原宿 ダイヤモンド社9階 セミナールーム  
       住所 東京都渋谷区神宮前6-12-17
料 金 :17,000円 (ダイヤモンド社各種会員の場合料金15,000円) (事前登録制)受講料金(税込)は、銀行振り込みにてお願いします。
定 員 : 45名予定(先着順)
対 象 : 経営者、人事・労務担当者
お問合せ:ダイヤモンド社書籍編集局 ☎03-5778-7294(担当:中島)
                    E-mail:nakajima@diamond.co.jp
【セミナープログラム予定内容】
・労働契約法改正により起こる予想される悲惨な事例
・深刻なトラブルが起きる会社、深刻なトラブルを起こす社員とは
・恐怖の仮処分~正社員の解雇には多額の費用がかかる~
・退職勧奨の進め方、希望退職の進め方
・未払い残業代の集団請求、在職中の請求などが増えている
・未払い残業代問題はこう対応する
・長時間労働によるうつ病で数千万の請求を受ける事例が増えている
・採用の段階で問題社員をどう見分けるか etc...

*なお、当日は、少人数セミナーのためセミナー終了後、質疑応答・講師との名刺交換会も予定しております。
(本企画は、最低催行人数10名となっております。)
                                  


本セミナーのお申し込みは終了しました。アクセスいただき、ありがとうございました。

【講師・著者プロフィール】
 向井 蘭(むかい・らん)
1975年山形県生まれ。東北大学法学部卒業。2003年に弁護士登録。狩野・岡・向井法律事務所所属。経営法曹会議会員。労働法務を専門とし、解雇、雇止め、未払い残業代、団体交渉、労災など、使用者側の労働事件を数多く取り扱う。企業法務担当者向けの労働問題に関するセミナー講師を務めるほか、『ビジネスガイド』(日本法令)、『労政時報』(労務行政研究所)、『企業実務』(日本実業出版社)など数多くの労働関連紙誌に寄稿。著書に、『社長は労働法を、こう使え!』(ダイヤモンド社)、『時間外労働と、残業代請求をめぐる諸問題』(共著、産労総合研究所)、『人事・労務担当者のための 労働法のしくみと仕事がわかる本』(日本実業出版社)がある。

書籍オンライン

(POSデータ調べ、10/13~10/19)