プレスリリース

[ 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ ] ~実施率は?学んだ内容は?学ぶ目的は? ~年齢帯別 学び事・習い事の実施率に関する調査

2017年03月21日  リリース発行企業:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

●この1年間で「学び事・習い事」の実施率が最も高いのは女性25~29歳、男性30~34歳
●男女とも多くの年齢帯で「学び事・習い事」を実施する人と実施しない人に二極分化
●仕事に関する講座は男女とも20~34歳で実施率が高く、50~64歳で低くなる



 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口 文洋)が企画・運営する講座・レッスンの資料請求・予約サイト『ケイコとマナブ.net 』は、学び事・習い事事情を把握するため、全国の働く男女を対象に「人気おケイコランキング」調査を実施しています。今回はその結果から、年齢帯別(20~34歳、35~49歳、50~64歳)に比較した調査結果がまとまりましたので、その結果をご報告いたします。
なお、結果は『ケイマナニュース!』でも紹介しています。http://www.keikotomanabu.net/news/

参考資料: https://prtimes.jp/a/?f=d10032-273-pdf-1.pdf

結果の要約
◇学び事・習い事の実施率、「実施しない理由」~年齢帯別比較~ ・・・参考資料P.5~9
●「学び事・習い事」の実施率は、男女とも20代後半~30代前半が高くなる傾向
●「学び事・習い事」の未経験率は、女性:30%前後、35歳以上男性:45%前後で一定
●実施しない理由は「費用」「仕事の疲労」「時間」「やってみたい学びが見当たらない」

2016年の学び事・習い事の実施率を問うたところ、女性では25~29歳、男性では30~34歳が最も高く、ともに25~34歳をピークに以降年齢が高くなるとともに実施率は下がる傾向にあった。
また、「過去に実施したことはない」と答えた比率を集計したところ、女性では全年齢帯で30%前後、男性では34歳まででは年齢が上がるごとに未経験者は少なくなるものの、35歳以上では50%弱と変わらず、学び事・習い事を実施する人・しない人が二極分化していることが推定される。

また、過去1年間学び事・習い事を実施しなかった人にその理由を問うたところ、「学習費用がかかる」「仕事で疲れていてやる気が起きない」「勉強時間がなく続けられなさそう」「やってみたい学び事・習い事が見当たらない」の4つの理由のいずれかを挙げた人が多数を占めた。

◇実施した学び事・習い事、実施目的 ~年齢帯別比較~ ・・・参考資料P.10~11
●女性では「ヨガ・ピラティス」「英語」、男性では「英語」「簿記」が全年齢帯で人気
●学ぶ目的は女性の20~34歳・男性では仕事目的の項目が高い
この1年間で実施した学び事・習い事においては、女性は「ヨガ・ピラティス」「英語」、男性は「英語」「簿記」が全年齢帯で人気を集めた。ほか、女性では料理関連の習い事が若年で順位が高く、男性では35~49歳で「宅地建物取引士」、50~64歳で「ゴルフ」が上位となった。
学ぶ目的では、男性では全年齢帯とも1位「仕事のため」2位「教養・知識を深めるため」だったが、女性では年齢帯ごとに特徴がみられる。全体傾向としては、若年になるほど「仕事のため」「就職・転職のため」といった仕事目的の項目が高くなっている。

---------------------------------------------------------------------------
【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/
---------------------------------------------------------------------------

PR TIMESプレスリリース詳細へ

  提供:PR TIMES 

スペシャル・インフォメーションPR

ランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • いいね!
TOP