ゴミ投資家のための インターネット株式投資入門

サンプル版のダウンロードはこちら 右クリックで保存してください。サンプル版は目次と一部ページのみを抜粋しています。

ゴミ投資家シリーズ 復刻版ゴミ投資家のための インターネット株式投資入門

海外投資を楽しむ会・編著

本書は1999年4月にメディアワークスより発行された、オルタブックス「ゴミ投資家のためのインターネット株式投資入門」を、ドキュメントスキャナによりPDF化した電子書籍です。内容は当時のままなので、参考資料としてお読みください。

ゴミ投資家シリーズ第4弾。1999年4月発行の電子復刻版。アメリカのオンライン証券会社Datekに口座を開設し、アメリカ株をインターネットで売買してみました。

解説(2012年9月現在)

  • 日本人でも簡単に口座が開設でき、手数料も安い「デイテックDatek」を紹介。当時はオフショアバンクのケイターアレン銀行Cater Allen Bank(現サンタンデール・プライベートバンキング)で米ドル小切手が発行されたため、2つの金融機関をあわせるとより多彩な運用が可能だった。
  • Datekは2002年にAmeritradeに吸収され、Ameritradeは2006年にTD Waterhouseを合併し、TD Ameritradeとなったが、日本人は口座開設できなくなった。
  • P248〜251で紹介した「アメリカのオンライン証券会社BEST5」のうち、Datek以外にも、以下のような動きがある。
  • ・E*Trade:米国人用の一般口座と非居住者口座が分離(取引条件などが大きく異なる)

    ・Charles Schwab:現在、日本人は口座開設不可。香港のCharles Schwab は利用可

    ・Suretrade:2001年Fleet Boston Quick & Reillyに買収

    ・Ameritrade:2002年Datekを吸収後、2006年TD Waterhouseを合併し、TD Ameritradeへ(現在、日本人は口座開設不可)

  • HSBC Expat(元HSBC International)なども同じだが、オフショアバンクで発行される個人小切手は英ポンドもしくはユーロ建てのみとなっている。
  • Datekのあと、日本人がもっとも簡単に口座開設できる米国のオンライン証券会社としては「ファストレードFirstrade証券」をお勧めしている。

★ Firstrade証券の基本情報はこちら [Firstrade証券 基本情報

★ 口座開設から利用方法までの詳細は「実践マニュアル(2)-アメリカ」で紹介している。

 

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。