ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

security

ミロク情報サービス株式会社

マイナンバー制度への
対応について

マイナンバー制度の基本情報から、有効な管理・セキュリティ対策をわかりやすくコンパクトにまとめた資料です。
具体的に帳票の新書式がどうなるかなど、マイナンバーによって何が変わるのかズバリわかります。

ミロク情報サービス株式会社

中小企業経営者のための
「マイナンバー対応度チェックシート」

矢ケ崎清税理士の監修による、中小企業経営者がマイナンバー導入期に実行すべき事柄を時系列に並べたチェックシート
マイナンバー制度への理解、社員への周知、番号の収集と管理の要点などを確認できる。

ミロク情報サービス株式会社

中小企業は「マイナンバー」を機に
セキュリティを強化せよ!

Part1は、ITに強い税理士である矢ケ崎清氏による、中小企業のためのマイナンバー対策とセキュリティ強化のポイント。Part2は、中小企業向けの会計システムを手がけるミロク情報サービスの専門家が、マイナンバー運用サービスからセキュリティ強化システムまでをワンストップで提供するソリューションを解説
■主な内容
○マイナンバーの導入はセキュリティ強化の好機
○個人情報保護法への理解が必要
○導入はトップが汗をかくことが重要
○マイナンバー管理からセキュリティ対策までワンストップで考える

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

【トップインタビュー全文】
超分散型ネットワークの特性を 企業のセキュリティ強化に生かす

アカマイ・テクノロジーズ徳永信二社長が語る、グローバル企業のセキュリティ対策における同社のユニークな強みとは?

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

【解説資料】
2020年に向け日本発のWeb、クラウド型アプリを今すぐ死守せよ!

ロンドンオリンピックのサイバー攻撃を詳細分析。数々の大規模イベントでサイバー攻撃からシステムを守ってきたアカマイ・テクノロジーズによる、独自の切り口によるサイバー脅威レポートです。

デル DELL SecureWorks

【レポート】
アンダーグラウンドのハッカー市場動向調査の結果

~安価な不正商品とサービスの氾濫により、
専門知識がなくとも様々な犯罪が可能な実態が明らかに~

実際にアンダーグラウンドで取引されている、サイバー攻撃の標的リストや、攻撃そのものの時間単価まで、「ビジネス」と化したサイバー犯罪の実態を裏付ける詳細データ

株式会社エルテス

「対岸の火事」ではないWebリスク対策。ネガティブな投稿・炎上から企業を守るには

Webリスクから企業を守るためには、ネット上で何が起こっているのか、情報の早期収集と早期対応が重要になる。そのために企業がまずなすべきこととは?

株式会社エルテス

事例で学ぶ“炎上“時の謝罪対応~炎上の鎮火と再炎上のメカニズム~

ネット上で炎上が発生したとき、どのような対応が望ましいのか?誤った対応で再炎上した2例と、迅速な対応で高評価を得た1例から、正しい謝罪対応を解説。

マカフィー株式会社

<事例3>
リアルタイムに状況を把握する仕組みを構築。コンプライアンス監査の簡略化にも成功

アメリカのある信用組合では、すべての社内システムの情報をリアルタイムで把握できる包括的なセキュリティ体制を構築。一つの画面から必要な情報にアクセスできる環境を整備したことで、コンプライアンス監査を大幅に簡略化することに成功した。

マカフィー株式会社

<事例2>
セキュリティ情報を一元化し限られた予算内で効率的な対策を実施

セキュリティ上のすべての脅威を完璧に防ぐことは難しい。アメリカのある自治体は、セキュリティに関する情報を一元化することで、脅威の程度を可視化。特に緊急性の高い事象への対応を優先することで、リソースの有効活用を実現している。

マカフィー株式会社

<事例1>
少ないITスタッフでも社内の脅威の兆候を早期分析する体制を構築

単純な防御だけでなく、社内システムの潜在的な脅威を早期に発見・分析するセキュリティ情報/イベント管理(SIEM)ソリューションを導入。ITスタッフが少ないにもかかわらず、セキュリティガバナンスの強化を実現したオーストラリアの電力供給会社の事例を紹介。

マカフィー株式会社

<カタログ>
マカフィー プロフェッショナルサービスのコアバリューと製品ラインアップ

巧妙化・悪質化するサイバー攻撃から自社を守るには、単に製品・サービスを導入するだけではなく、各社が自らの事業に合わせたセキュリティの全体最適化を行う必要がある。マカフィーの「プロフェッショナルサービス」は、コンサルティングファーム、セキュリティベンダーなどの出身者からなるメンバーで、企業のセキュリティ対策を総合的に支援する。

マカフィー株式会社

<記事>
「場当たり的」「キーワード偏重」の対策がリスクを増大させ、無駄な投資を生む

日本企業に多く見られる「場当たり的」で「キーワード偏重」のセキュリティ対策。投資が無駄になるだけでなく、リスクが増大するという本末転倒の結果になりがちだ。そこから抜け出す解決策の一つが、「セキュリティアーキテクト」の設置。具体的には何から始めればよいのかをわかりやすく解説。

NTTコミュニケーションズ株式会社

いま持っている資産を活用して
中小企業がすぐに始められる経営改革

多くの中小企業にとって、まだまだITはOAの一種に過ぎない。逆から考えれば、ITをコアビジネスに生かせれば、他社に一歩先んじられるのだ。その手始めとなるのが、多くの社員が個人所有している「スマホ」。スマホを内線電話のように使えれば、業務は大きく変わる。中小企業のIT活用のポイントと合わせ、「スマホの内線化」の詳細を解説。

デル株式会社

ネットワークセキュリティ
脅威レポート2013と2014年の脅威予測

本文中でも紹介された、Dell SonicWALL脅威調査チームがまとめたレポート。2013年の注目すべきセキュリティ関連の出来事に加え、国別・製品別・アプリケーション別の攻撃比率を紹介。さらには、それらを基に2014年に予測される攻撃についても解説している。

デル株式会社

高度化・複雑化する攻撃に対応も複雑化
コストと現場負担の増大をどう解消するか

セキュリティを取り巻く環境の変化を受けて、企業はその対策の高度化を求められている。その一つが多層防御だが、それにともなってコストはかさみ、現場の技術者への負荷は増大する。もはや「情報システム部任せ」では済まされないこの問題の解決策とは?

株式会社エルテス

WEBリスクマネジメントサービスのご紹介

Webリスク対策の専門会社として、2007年にいち早くネット上の誹謗中傷対策をサービス化したエルテス。炎上事例データベースを基に企業のWebリスク対策を包括的に支援してきた同社のサービス内容を紹介。

株式会社エルテス

早期発見と適切対処でWebリスクを最小化する

YouTube動画をきっかけに、まさに炎上寸前に追い込まれた機械メーカー。危機的状況からどのように脱したのか?Webリスク対策のフローのほか、ネット上の誹謗中傷対策についても、合わせて解説。

チェックした資料をダウンロード
すべての資料をダウンロード
チェック結果をリセットする