ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

biba

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

企業内にあるビッグデータをいつでも、どこでも、簡単に入手するには?

これまで企業内データの分析や利用で大きなハードルとなっていた「手間」「難しさ」「スピード」。必要な情報を手軽に素早く参照できる仕組みを構築するにはどうすればいいのか?

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

基幹データをリアルタイムにわかりやすく表示するレポーティングツール

基幹データは、専門部署がそれなりの時間をかけて分析するもの、と誤解していないだろうか。レポーティングツールを使えば、経営層を含めユーザー自らが自由に項目を設定して、データをわかりやすく見ることができる。

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

<事例から学ぶ情報活用術>
「欲しい情報をいつでも入手」の実現で
生まれ変わった経営体制

現状把握は、経営者が意思決定を下す際に非常に重要。それを各部署の責任者、さらには現場スタッフにまで拡大すれば、業務改善やコスト削減にもつながる。原土井病院と富士エレクトロニクスはその体制をいかに構築したのか。

ドーモ株式会社

「ビッグデータ」「データサイエンス」…。言葉に踊らされるな! 現場革新を実現する、真の「データ活用」に不可欠な3つの鉄則

本資料では、独自の視点でビジネスチャンスを察知し、ダイナミックに経営・マーケティングを成功させるためのデータ活用のポイントを紹介。今、ビジネスの現場で必要なデータはすべて手の中にありますか?瞬時に必要なデータにアクセス、直ちに行動、成果を上げることのできる「データ活用」の鉄則。是非ご覧ください。

インフォマティカ・ジャパン

経営判断を狭め、スピードを鈍らせる
ビッグデータ活用の “足かせ”

データに整合性がないためにデータ収集の範囲が狭められ、それが経営判断の妨げとなっている。
この課題を解決するには、どうすればいいのだろうか。

インフォマティカ・ジャパン株式会社
セールスコンサルティング部
ソリューションアーキテクト
久國 淳 氏

チェックした資料をダウンロード
すべての資料をダウンロード
チェック結果をリセットする