「作るのとメンテナンスとでは、違いますか?」

「違いますね。どちらかと言えば、作る方が簡単です。故障の原因って、見てもすぐにはわからないですからね」

「プロでも、ですか?」

「いろいろと見当はつけますよ。ああじゃないか、こうじゃないかってね。それがぴたっと当たって直せた時は、やっぱり嬉しいですしね。まあ、でも、お客さんにしてみたら、直せて当たり前だろうということになるんですけれど」

 修理現場の場所は毎回、異なる。基本は数人一組で回るのだが、ランチはたいてい1人で食べることになる。

「家庭がある人の予算はワンコイン(500円)でしょ。そうするとなかなか合わないし、お互いに気遣うからね、別々の方がいいんです。そうだ、お昼の写真見ますか?」

 ということで、あらかじめ撮影をお願いしていた1週間分のランチ写真を見せてもらうことにした。

オバタさんお気に入りの刺身定食(上)。メモには、まぐろ赤身3切、たこ2切、中トロ4切、いか4切、エビ塩ゆで一匹などと書かれていた。味噌汁は、しじみ汁

月 刺身定食(上) 1300円
火 てんぷら定食  900円
水 焼き肉定食   980円
木 エビ甘酢炒め定食 820円
金 タンメン    660円

「寿司と刺身は好きで、よく食べます。予算はだいたい1000円くらいです」

 写真を見ながら、あることがやけに気になった。金曜日だけ、妥協した感じがありありと出ているのだ。

「ああ、それね、探したんだけど、ほかに良さそうな店がなかったんだよね」

 聞けば金曜日の昼、オバタさんは仕事の合間に東京都荒川区にある「あらかわ遊園」に立ち寄ったとのこと。

 そこで、ニホンザルの群れを眺めたという。