客観的なデータという指標があることで、特定のシーンで失点しやすいという選手の“癖”など、強化ポイントが簡単に分かるようになる。あらゆるスポーツでデータを活用することは避けて通れない時代が到来しているのだ。(敬称略)