韓国とのつながり

 韓国の警察当局者は、フオン容疑者が昨年11月に4日間、同国観光地の済州島を訪れており、そこで何をしていたのか捜査していることを明らかにしたが、詳細は語らなかった。

「ルビー・ルビー」というアカウント名のフェイスブックページでは、65人の友達がいるが、そのうち27人は朝鮮系の名前だ。また、56人が男性である。

 昨年3月23日付の投稿は韓国語で「あなたを愛しています。あなたに会いたい」と書かれているが、韓国語に慣れた人が使うであろう表現は使われていなかった。

 投稿された写真の大半は、フオン容疑者がホテルで開かれたパーティーに出席した様子や自身のポートレートである。カメラに向かって投げキスをしている写真が多い。

 フェイスブックで同容疑者が「いいね」を押しているのは、化粧品や衣服、ファストフード店など。学歴はハーバード大学となっているが、家族はそれが本当だとは信じなかった。

 1月3日、フオン容疑者はハノイ発クアラルンプール行き航空機の搭乗券を写した写真を投稿。家族は、同容疑者が最後にナムディン省の自宅に戻ってきたのは1月25─29日だったと話す。

 フオン容疑者とみられる女性は昨年4月、動画サイト「ユーチューブ」にベトナム人男性が公開した動画にも出演している。

 動画に登場するこの女性と、マレーシア警察が公開した最新の写真に写る同容疑者は一致する。

 動画のなかで、フオン容疑者は公園のベンチで男性とキスする前に笑っている。一方、マレーシア警察が公開した写真では、ノーメークでおぼつかない様子でカメラの方を向いている。

(Matthew Tostevin記者 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)