中国 2017年5月8日

中国で大人気だった日本人俳優、小松拓也が
反日デモで仕事を失っても中国にこだわる理由

上海で築いた人脈を生かし、こぎつけた公演

 今回の舞台は恋愛ものではあるが、そこには、小松さんが中国で感じたことや思っていることが散りばめられているように思う。小松さん演じる柏木進はいう。

 「飛行機でわずか3時間ちょっとの距離なのに、なんて遠いんだ」

 このひと言には、小松さんが中国で味わった苦悩が込められている気がした。いや、小松さんだけではない。あの時、中国にいた多くの日本人。さらには、日本人に親近感を抱く多くの中国人がそう思っていたのではあるまいか。

 小松さんは出演、脚本、演出に加え、本業ではないプロデュース業務も行なっている。スポンサー探しや記念事業認定、後援を取り付けるための交渉ごとから稽古の場所取りといった雑用的な業務までもこなす。

 スポンサー探しは思うようにいかなかったが、小松さんは上海時代、日本人コミュニティに積極的に顔を出していたことから企業との接点も少なくなく、それを仕事につなげてきた。そんな1社である旅行会社の担当者から、今回の舞台を応援する意味も込めて、インバウンド向けの観光地PRの仕事を受け、その出演料を今回の公演に充てている。上海で培ってきた人脈が、いまここで生きているのだ。

 準備に10カ月以上を要しているが、頓挫しそうになったことは何度もあったという。その苦労がようやく結実し、いま幕が開こうとしている。

 「中国人と関わりを持つ人には、何かしら感じてもらえるストーリーになっていると思うので、ぜひ足を運んでいただければ」と話す小松さん。横浜公演は5月15〜19日に横浜美術館レクチャーホールで、上海公演は8月19日に万代南夢宮上海文化中心で行なわれる。

 

立ち上げ公演から参加している尾本卓也さんは、共同演出も務める。相手役のMiaさんは、福岡大学に留学中に芸能活動をスタート。今年から東京に拠点を移している【撮影/大橋史彦】

(文・撮影/大橋史彦)

著者紹介:大橋史彦(おおはし・ふみひこ)
法政大学卒業後、編集プロダクションに勤務。2006年に中国に渡り、08年より上海在住。情報誌の編集長を経て13年9月よりフリーランス。現在は、日本と上海を行き来する。

 

 

 

 

 

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。