ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ポスト・ビッグデータ時代の経営

「ビッグデータ時代」の終焉

KPMGコンサルティング
【第1回】 2017年9月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4

経営に求められる今後の備え
――ようこそ、アーキテクトたち

 そこで我々は、「アルゴリズム」「知識」「アーキテクチャ」の3つに関して自社の強みを点検、再認識することから始めることを推奨します。強みを見い出した領域に重点的に投資をすることで競争力を持続させることが重要です。なぜなら、「アルゴリズム」「知識」「アーキテクチャ」は、自社のビジネスのコアな部分のノウハウ、知恵が結集されるという特性を有することから、将来にわたってその効果を享受することが期待できます。

 一過性のコスト削減、業務効率化に対する投資は将来に向けた強みの蓄積に結びつきません。この3つの分野に投資をすることで、ノウハウと知恵の蓄積を進めることができ、形あるものとして次の世代に自社の強みを引き継ぐことができます。そのためには、ハードウェアとソフトウェアの垣根を越えてビジネスの変革に真正面から取り組むアーキテクトの確保を急ぐ必要があります。

出所:KPMGコンサルティング

 アーキテクトを確保し、先端技術を活用したビジネスに関する研究・調査を今はじめることが自社の将来の強みをもたらすと言えます。一時的なコスト削減、業務改善に目を奪われることなく継続してコアコンピタンスを強化する取組みに投資を振り向ける、未来を見つめる視点こそ今求められています。

 次回は、製造プロセス改革において、データ・AIアルゴリズムの活用に関する具体例をご紹介します。

※文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

previous page
4
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

ポスト・ビッグデータ時代の経営

「ビッグデータ」が活用され始めた企業の現場で「ハードウェア資源不足に対する危機感」が問題となりつつある。この潮目の変化にいち早く気づいたコンサルタントが、「ビッグデータ時代の終焉」と「ポスト・ビッグデータ時代」の経営の要点を明らかにする。

「ポスト・ビッグデータ時代の経営」

⇒バックナンバー一覧