ただし、それはあくまでもコーヒーに含まれる「クロロゲン酸」といわれる抗酸化物質の効果であって、カフェインの働きではありません。「カフェインをたくさん摂るのがいいんだ」とはいかないことを覚えておきましょう。

甘酒は「飲む点滴」
疲れ対策におすすめ

 甘酒は、バランスのよいタンパク質の補給になります。

 ビタミンB群、葉酸、食物繊維、ぶどう糖なども豊富に含まれているので、最近では「飲む点滴」ともいわれています。

 甘酒というと、冬に温めて飲むイメージがありますが、江戸時代には、夏に体力を回復させてくれる飲み物として、活躍していました。

 夏に暑さのためにたくさんの人が亡くなっていた時代、体力を維持させ夏バテを防ぐ飲み物として、甘酒は認められていたのです。そのため、幕府も庶民が甘酒を安価で飲めるよう、価格の上限を設定していたほどです。

 もちろん、夏冬限らず一年中飲んでいいものです。

 ホットミルクはどうでしょうか。

 寝つけないときに飲んだりしますが、あまり意味がありません。ミルクに含まれるカルシウムがイライラを抑えるわけではなく、抗疲労効果があるわけでもないので、飲んでなんらかの効果が期待できるとはいえません。

 ほかの飲み物なら、「リコピン」という成分が抗酸化力を発揮してくれるトマトジュースがおすすめです。

 市販の野菜ジュースは必要なビタミンはそれなりに含まれているとは思いますが、カロリーがあるため、飲みすぎには気をつけましょう。

 蒸し暑い季節には、脱水症状、熱中症を起こしやすくなります。このような時期には、ただの真水やミネラルウォーターよりも、スポーツドリンクをおすすめしています。

 汗をかくと、ナトリウム、クロール(塩化物イオン)が不足しますが、スポーツドリンクにはこれらが適度に含まれています。水道水やミネラルウォーターでは、これらを摂取できません。

 また、下痢をしているときにも、体内からミネラルが失われているので、スポーツドリンクがいいでしょう。