橘玲の世界投資見聞録 2017年10月12日

デンマークの白人男性・モートンがイスラム教に改宗し、
やがてスパイとなった理由
[橘玲の世界投資見聞録]

モートンが情報機関に寝返ってスパイになった理由

 MI5がモートンに目をつけたのは、ロンドンのジハーディスト・ネットワークとのつながりに気づいたからだ。そのときは玄関口の会話だけで終わったが、近くに停めた車ではデンマークの情報機関の人間がモートンを監視していた。

 その後、モートンの結婚生活はかんぜんに破綻した。カリーマが親友のモロッコ人女性の夫と不倫したばかりか、密かにイスラム式の結婚式をあげていたのだ。モートンが3歳になる息子のウサマを連れて家を出ると、カリーマは警察に誘拐だと通報し、調停を申し立てる前に娘のサラを連れてモロッコに戻ってしまった。

 傷心のモートンはウサマを連れてイエメンに行き、そこでファディアという女性と出会って再婚する。ヨーロッパ系白人のムスリムは、イエメンのような「発展途上」のイスラーム諸国ではかんたんに結婚相手を見つけることができるのだ。

 新しい妻を連れてデンマークに戻ったモートンに、こんどは警察の一部門である情報機関PETが接触してきた。イェンセンと名乗る男は、「我々はとしてはただ、あなたも、あなたの友人たちも、デンマークの安全に危害を加える意図をお持ちでないことを確認したいのです。できたら、ご協力いただけませんかね」といった。

 そのときモートンは、ジハードのためにソマリアに渡るつもりだった。だがヨーロッパに着いたばかりの妻に反対され、ソマリアの情勢も変わって渡航が不可能になったことで、モートンの気が変わりはじめる。このあたりの心情もはっきりとは述べられていないのだが、いずれにせよ、「アッラーなんかくそくらえ、預言者ムハンマドもくそくらえ」と思うようになる。イスラームを棄教したモートンは情報機関に寝返り、ジハーディストのネットワークに潜入するスパイになるのだ。

 その後、モートンはロンドンに渡ってMI5にテロ情報を提供し、次いでCIAが接触してきて、アルカーイダの幹部の所在を知るためにイエメンに行くよう要請される。このあたりの波乱万丈の展開が本書の読ませどころなのだが、モートンによれば、MI5は紳士的で約束を守るもののカネがなく、CIAは目的のためならカネは惜しまないがスパイの生命などどうでもいいと思い、デンマークの情報機関PETはモートンを使っておいしい思いをすることだけを考えていた。

 本書はモートンの自伝で、当然のことながら彼はつねに“正義”の側にいる。しかしその装飾を差し引けば、デンマークの地方都市の不良がイスラーム過激派になった理由は明らかだ。

 このままではチンピラとして一生を終えるほかないと気づいたとき、だれかから「ひとかどの男」と認められるためにモートンに残された選択肢は、もはや「宗教」しかなかった。おまけにイスラームに改宗すれば、ヨーロッパに憧れるアラブの若い女性をかんたんに妻にすることができる。

 同様に、モートンが情報機関に寝返ってスパイになった理由もとてもわかりやすい。ジハーディストとして当局に監視され、いずれ刑務所に送られるより、彼らに協力してカネと名誉を手にしたほうがずっといいに決まっているのだ。

 アフガニスタンでジハード戦士がソ連軍を撤退させ、「悪の帝国」ソ連を崩壊に追い込むという「偉大な勝利」を達成したあと、ヨーロッパで新たなジハード主義が勃興し、多くの白人の若者がイスラームへと改宗した。彼らのなかにはドロップアウトした不良もたくさんいたから、モートンのケースはけっして特別なものではない。風刺雑誌シャルリー・エブド襲撃事件以降、フランスにおいては、刑務所がイスラーム過激思想を洗脳する「孵化装置(インキュベーター)」になっていると指摘されるようになるが、これもモーテンの体験と同じだ。

 唯一ちがいがあるとすれば、白人改宗者の多くが自らのイスラーム・アイデンティティを証明するためジハードにのめりこんでいくのに対し、モーテンは自死するには賢すぎ、かつ自己中心的だったことだろう。

 私たちは「エゴイストのジハーディスト」を得たことによって、イスラーム過激派ばかりでなく、CIAやMI5の内幕まで教えてくれる貴重な記録を手にすることができたのだ。
 

 

橘 玲(たちばな あきら)

 作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ヒット。著書に『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』『橘玲の中国私論』(ダイヤモンド社)『「言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)など。ダイヤモンド社から発売即大幅重版となっている新刊『幸福の「資本」論 -あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』が好評発売中。

橘玲『世の中の仕組みと人生のデザインを毎週木曜日に配信中!(20日間無料体験中) 


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。