情熱
ドン・キホーテが発売した5万円台の4Kテレビ。東芝製メインボード採用ということで人気が爆発して即完売となった

 家電量販店などが自主ブランドで展開する4K液晶テレビが人気だ。先日、ノジマが発表した55V型「ECS-TU55R」(7万5384円)と49V型「ECS-TU49R」(5万8104円)は、10月7日から予約を開始したが早くも完売。

 また、ドン・キホーテは6月、プライベートブランド「情熱価格PLUS」において5万4800円(税別)の4Kテレビを発売。即日完売となる人気だった。現在は第2弾となる「LE-5060TS4K」を10月3日から発売。こちらも人気のようだ。

 一方で、大手家電メーカーの50インチクラスの4Kテレビはやはり割高となる。

 たとえばLGエレクトロニクスの「49UJ6100」は最安ベースでも8万円前後、東芝の「レグザ 49C310X」やシャープ「AQUOS LC-50U45」は10万円前後だ。ソニーやパナソニックのテレビに至っては、最安でも12万円程度になる。

 ただし、メーカーのテレビにはそれぞれ独特の魅力があり、それを踏まえると必ずしも割高とはいえない。そこで、上記のLG、東芝、シャープの4Kテレビを少し詳しく見ていこう。

とにかく多機能なLGの4Kテレビ

4Kテレビ
LGエレクトロニクス「49UJ6100」

 たとえばLGのテレビは画面インターフェースに「webOS」を採用。画面の拡大表示など直感的な操作ができるほか、写真&動画アプリや音楽アプリなど、さまざまなアプリが利用可能で、追加導入も可能だ。

4Kテレビ
最新の「webOS 3.5」を搭載。もともとはpalm用のOSだった
4Kテレビ
映像の部分拡大や全体拡大などが可能

 そして、USB HDDやネットワーク上の機器などに保存されたコンテンツを再生できるほか、Miracastにも対応しており、スマートフォンの画面を表示することもできる。ここまでの多機能かつ直感的な操作性は大手メーカーならではのものだろう。

 家電メーカーのテレビはHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しているのも大きなポイントとなる。HDR対応のコンテンツ(ゲームやBlu-ray、ネット動画など)を表示する際に、より細かい明暗差や多くの色彩で表示できる。

4Kテレビ
LGの「Active HDR」

 LGの場合は「Active HDR」という機能を搭載。HDR 10は1つコンテンツに対してメタデータ(HDR処理に必要な明暗情報や色彩情報)は1つで、これをコンテンツ全体に適用するのが通常だが、Active HDRはフレームごとに処理を変えることでより最適な映像処理を行なう。

地デジもゲームも高画質な東芝のテレビ

4Kテレビ
東芝「レグザ 49C310X」

 東芝はこれまで培ってきたさまざまな高画質機能を盛り込んでいるのが特徴だ。4Kテレビはデジタル放送を表示する際、アップコンバートするが、同社は地デジの映像に注目。地デジに特化したノイズ除去や精細感復元機能、彩度に合わせて輝度を強調・加算する「カラーテクスチャー復元」といった機能を盛り込んでいる。

4Kテレビ
地デジの映像をきれいに表示する機能が満載

 さらに、室内の照明や設置地域の時間、周囲の明るさなどを元に最適な画質調整を行なう「おまかせオートピクチャー」や、コンテンツのジャンル(アニメや映画など)およびコンテンツの種類(BDや放送など)などを判定して画質を調整する機能も搭載する。

 ゲームモードは約0.83msecの低遅延表示で、PCゲームでは2560×1440/60pの入力が可能。ポータブルゲーム専用の入力モードも備える。

オンキヨーと共同開発スピーカー搭載の
シャープのテレビ

4Kテレビ
シャープ「AQUOS U45」シリーズ(写真は60インチ)

 シャープもまた、画像処理エンジンの「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」や広色域技術の「リッチカラーテクノロジー」など、同社の培ってきた画質機能が充実している。

4Kテレビ
アップスケーリングや画像処理などを行なう「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」
4Kテレビ
「Eilex PRISM」は空間全体の音響補正を行ないリスニングエリアを広げる

 加えて、オンキヨーと共同開発したバスレフ型スピーカーボックスを搭載するのも特徴。空間全体の音響パワーを検証し、補正する「Eilex PRISM」という技術を採用し、「新・AudioEngine」により迫力ある低音を実現する。

 ネット機能ではゲーム配信サービスの「G-cluster」に対応。ゲームパッドやスマホをコントローラーとして、テレビ単体でゲームが楽しめる。

4Kテレビ
回転式のスタンドを採用するのは最近のテレビでは珍しい

 このほか、「見守りサービス」にも対応。長期間テレビの電源が入らないなどの際にメールで知らせてくれる。

低価格機でもやっぱりHDRには対応していてほしい

 このように、家電メーカーのテレビは機能面で充実している。たとえばネット動画再生機能がビルトインされていれば、別途アダプターなどを使用する必要はなく、リモコンもテレビのリモコンで操作できる。

 その意味でいろいろ便利だと思うが、ただ、やはり一番大きな差はHDRの対応で、特に50インチクラスとなれば対応コンテンツを再生した際の見え方は大きく異なる。

 HDRはバックライトのエリアコントロールや自発光方式の有機ELなど、20万円以上の高級テレビに搭載されているようなパネルでこそ真価を発揮できるが、低価格機ではHDR/非HDRで画質に違いがないかというと、そんなことはない。

 安い4Kテレビが品薄で買えない、ということであればちょっと高いテレビに目を向けてみるのもいいだろう。