2013年のドコモ春モデルとして登場した「MEDIAS W N-05E」(NECカシオ製)はデュアルディスプレーを採用し、超個性派スマホとして話題になった。

MEDIAS
時代を先取りすぎた「MEDIAS W N-05E」(NECカシオ製)

 あれから4年。2017年の冬モデルとしてデュアルディスプレーモデルが復活した。「M Z-01K」(ZTE製)である。5.2型(1080×1920ドット)のディスプレーを2枚搭載し、折りたたんだり広げたりして、ディスプレーの大きさを臨機応変に変えて使うことができる。ドコモの吉澤社長は「あの頃は技術的に2枚のディスプレーを活かすことができなかった。しかし、今ならOSも進化し、技術も追いついたから実現した」と、デュアルディスプレー復活の理由を語った。発売は2018年1月以降。

M

 スペック的にはハイエンドクラスで、SoCにSnapdragon 820(2.2GHz+1.6GHz、クアッドコア)、メモリー4GB、内蔵ストレージ64GB、バッテリー容量は2930mAhとなる。カメラは2030万画素で、イン・アウトの区別がないため、自撮りもこの画素数で撮れる。

 ただ、FeliCaやNFC、防水・防塵、ワンセグ・フルセグといった機能は搭載されていない。生体認証は指紋が採用されている。

 また、開発がZTEとのことでグローバルでは「AXON M」としてvodafoneやAT&Tでも展開される。

 それではM Z-01Kの細部を写真で紹介しよう。

ディスプレーの使い分けで可能性が広がるスマホ

 折りたたむとディスプレーが外側になるので、なかなかスリリングだ。本機用のケースは可能なのだろうか。

M
M

 上下部分はいたって普通のレイアウト。USBはType-Cを採用している。

M
M

 片方がヒンジなので、SIMトレー、電源キー、ボリュームキー、シャッターキーなどが一ヵ所に集約されている。

M
M

 ドコモのロゴはヒンジにある。カメラはこのひとつでイン・アウトを使い分ける。2000万画素オーバーなので、自撮りも結構キレイ。

M
M

 広げた裏側は何もない。ZTEのロゴも控えめに入っている。

M
M

 ここからは画面の使用例。2枚のディスプレーを1枚として使っているところと、複製して使っているところ。

M
M

 左側に地図を表示して右側で別のアプリを動かすのは、一番使いそうだ。また、片方のみしか表示させないことも可能。

M
M

■関連サイト