ND8006

 Hi-Fi再生というと、ハイレゾのファイル再生が主流になっている。将来的にはストリーミング再生がもっと盛んになるだろう。しかし、CDは大きな資産であり、ファイル再生だけでなく、廃盤や過去に購入したディスクも同時に楽しみたいというニーズは依然あるはずだ。

 そんな要望に応えられる製品がマランツから登場する。

 ネットワーク再生、USB DAC、そしてCD再生にも対応した「ND8006」だ。NASからの再生はもちろん、BluetoothやAirPlay、HDD/USBメモリー再生などにも対応。ソース機としては、まさに万能と言える。アナログプリメインアンプ「PM8006」とともに11月下旬に発売予定。価格はともに14万400円だ。

ND8006
ND8006

ESS製DACを採用しているが、そこはやはりマランツ流

 マランツのラインアップには、現状SACDプレーヤーの「SA8005」、ネットワークプレーヤー兼USB DACの「NA8005」がある。SACD再生のみ省略しているが、両者の機能を統合しつつ、中級クラスの比較的手に入れやすい価格に収めたのがND8006となる。

ND8006
ND8006

 本体サイズは幅440×奥行き369×高さ106mmで、重量は8kg。

 SACDに対応しないのは、あくまで“このクラス”に限定した場合、SACDに関心を持つ層が少なく、数万円のコスト増をユーザーに強いるよりは、価格を抑えたほうがユーザーメリットがあるという判断からだそうだ。製品企画を始めた2年前から議論を重ねてきた結果とのこと。ただしマランツがSACDプレーヤーの開発を控えるという意味ではなく、ニーズの高いハイエンド機では、引き続き注力していく。

 DAC ICは、マランツのCD再生機としては初めて、ESS Technologyの「9016K2M」を採用した。ここもDSD11.2MHz、PCM384kHz/32bitに対応した死角のないスペック。

ND8006
デジタル基板

 マランツと言えばこれまでフィリップス時代から関係が深いシーラス・ロジック製DACを採用することが多かった。ハイエンドの「SA-10」ではディスクリートで組んだオリジナルDAC“Marantz Musical Mastering”(MMM)を開発し、採用してきた。

 ここで注目したいのは、ESS製のDAC ICを採用すると言っても、組み合わせて使用する外付けの電流/電圧変換回路はHDAM/HDAM-SA2を使用したディスクリート構成、デジタルフィルターもマランツ独自のものにしている点だ。“Marantz Musical Digital Filtering”と呼ぶ、PCM信号用のデジタルフィルター特性は、SA-10のディスクリートDACの前段部分「MMM-Stream」で使用しているものを踏襲している。

 少しマニアックな機能としては、DACのロックレンジを狭める(シビアにする)ことでジッタを低減する「ロックレンジ切り替え機能」をワイド、ミディアム、ナローの3段階で用意する。ロックレンジは狭めるほどサウンドが明瞭になるが、機器によってはロックしにくくなるので通常はマージンを広めに取っている。通常はメーカーが決めた数値を使い開放しないが、これをユーザーの手で調整できるようにする機能だ。他社のDACが先行して取り入れている機能だが、効果は高い。

AWA対応など、ストリーミング再生でも優秀なプレーヤー

 Wi-Fi接続にも対応しており、ストリーミング機能に関しても、Amazon Prime Music 、AWA、Spotify、SoundCloudなど他社含め、現行製品ではかなり豊富なサービスをサポートしている。TuneInを使ったインターネットラジオも楽しめる。ネットワーク再生は現状、DSD5.6MHzとPCM192kHz/24bitまでだが、アップデートでUSB接続時と同等のフォーマットに対応する見込みだ。

ND8006
ネットワークモジュール。グループのデノンがHEOSで採用している技術を応用している

 ヘッドフォンアンプにもこだわっている。フルディスクリートで構成しており、3段階のゲイン切り替えも可能。HDAM-SA2を採用し、「情報量が豊かで鮮度の高いサウンド」だという。最大出力は30mW(32Ω)。

 内部の使用パーツは、サウンドマネージャーのリスニングを通じて綿密に選定している。デジタル回路や外部からの高周波ノイズへの対策として、マランツ製品の特徴である“デジタルアイソレーター”ももちろん搭載。12素子、18回路使用している。入力側(デジタル回路)と出力側(アナログ回路)が電気的に絶縁され、グランドも分離できる。

 最上位機のSA-10などと同様、クロック回路に超低位相雑音クリスタルを採用。44.1kHz系、48kHz系の2系統が選べるが、DACの動作専用のクロック発振回路も別に持つ。再生するソースのサンプリング周波数に応じて最適なクロック信号を供給する仕組みだ。

 音声信号の出力時に周辺回路から流入するノイズを抑えるため、ネットワーク、USBメモリ再生、Wi-Fi、Bluetooth、ヘッドフォン出力回路、可変オーディオ出力回路、デジタル出力回路などをオフにする機能も持つ。ディスプレーの消灯もできる。

ND8006

 アナログ音声出力端子は、固定だけでなく可変の端子が選べるため、プリアンプをスキップして、パワーアンプやパワードスピーカーを追加するだけで、アプリやリモコンで音量調整しながらのミニマムな再生も可能だ。

地味に見えるが着実な進化を遂げたアンプ部

 アナログプリメインアンプのPM8006は、従来モデルのPM8005からプリ部を改良。上位モデルと同様、新たに電子ボリュームを採用した。

ND8006
ND8006

 経年変化に強く、可変抵抗を使う「機械式ボリューム」ではどうしても発生してしまう、クロストークや音量差が生じない。JRC製のボリュームコントロールICを使っているが、このチップは外部アンプの接続が可能で、HDAMを使い、ディスクリートで組んだ外部アンプを付けられる点もメリットだという。ちなみに、アナログボリュームのフィーリングが好きという人に配慮して、ボリュームゼロと最大でツマミがきちんと止まる構造にしているのもこだわりポイントだ。

ND8006
プリアンプ部
ND8006
電子ボリューム
ND8006
厳選したパーツを使用している

 アナログレコードの再生にも注目が集まっている。フォノイコライザーも新開発した。MMカートリッジ対応のNF-CR型フォノイコライザーで「Marantz Musical Phono EQ」と呼んでいる。SC-11S1以来取り組んでいる、コンスタントカレントフィードバックの仕組みを取り入れている。これを2段構成として1段あたりのゲインを下げて低歪み化、PM8005と比較して全段で10dB程度の歪みを改善できる。もともとのSC-11S1では「The Hi-Fi」という感じのクール目のサウンドだったそうだが、アナログらしいよりリッチなサウンドになったという。

ND8006
フォノイコライザー部

 背面のスピーカーターミナルもマランツオリジナルの「SPKT-1+」となった。真鍮削り出しパーツに厚みのある1層のニッケルメッキを施している。100W+100W(4Ω)、70W+70W(8Ω)出力で本体サイズは幅440×奥行き379×高さ128mm、重量は12kgだ。

ND8006
スピーカー端子

自然な空間再現と際立つ個々の音

ND8006

 サウンドマネージャーの尾形好宣氏によると、今回の組み合わせではS/N感の向上に加え、音場感や見通しなどの進化が注力ポイントだという。ND8006に搭載したのが、必要でない回路の機能をオフする“高音質動作”モードもその取り組みの一つだ。PM8006で電子ボリュームの採用も左右の再生音のばらつきを減らし、より的確な空間表現を導き出すためのものだ。

 B&Wの800 D3シリーズと組み合わせた試聴もできた。

 最初に現行機種(SACDプレーヤー「SA8005」、ネットワークプレーヤー「NA8005」、アンプの「PM8005」)でCD(合唱曲:モンテヴェルディのVespro)、USB(女性ジャズボーカル:ルート66)、ネットワーク(オーケストラ:ラフマニノフのSymphonic Dance)再生をそれぞれ体験。そのあとにソース機をND8006に変更した差、さらにアンプをPM8006にした場合の差を聴いた。

 現行機種の組み合わせでも十分満足感の高いサウンドではあったのだが、ND8006に代えるとトーンバランスがよりまとまって落ち着いた感じに聴こえる。一方でVesproでは伴奏のサクバットなどがブーンと前に出てくるなど、個々の楽器の描き分けが向上する感じだ。ルート66では空間の広がりと空気感が増す印象。高域がふっと広がり、拍手の音なども明瞭になる。この空間表現の質の変化は、Symphonic Danceでも顕著だ。

 アンプを変えると、これにスケール感が加わる。現行機種の組み合わせでは多少おとなしく感じたSymphonic Danceは堂々とダイナミックな雰囲気を出す。個々の楽器の音がより明確に分離するようになり、オーケストレーションの魅力を存分に感じられた。迫力感ではルート66も同じで、見通しの良さに加えて、特に金管が前に出てくる感じがあった。基本的にはプリアンプの変更だけとのことだが、音の輪郭感や分離感が上がったためか、アンプ全体のパフォーマンス(駆動力)が上がっているように思えるから不思議だ。Vesproでは主役である合唱を中心に自然な一体感を得た。こういった聴こえ方の違いから、異なるテンポでの演奏にも思えるから不思議だ。

 ND8006とPM8006の組み合わせは、情報量や空間表現といった基礎体力の向上を感じる一方で、様々になっていた音が一つの方向を目指して一体化し、音楽としてのまとまり感や自然さが増しているように思わせる点が秀逸。機能面での魅力はもちろんだが、再生音でも確実な進化を感じた。

■関連サイト