10月26日、製品の性能データ改ざんで信頼性を失った神戸製鋼所。写真は神戸で24日撮影(2017年 ロイター/Thomas White)

[東京 26日 ロイター] - 製品の性能データ改ざんで信頼性を失った神戸製鋼所 。アルミ板などを納入したトヨタ自動車など発注企業から安全性を確認したとの発表が相次いでいるものの、JIS(日本工業規格)認証の取り消し可能性が浮上しているほか、海外の当局や企業の動向次第では、損害賠償請求額が膨張するなどし、経営に大きな打撃となる可能性もある。近く公表される安全性に関する報告後も、同社の前に立ち込める霧は晴れそうもない。

安全性の検証、途中でも公表へ

 経済産業省から12日に指示のあった「安全性の検証」の公表は「2週間程度で行うように」と期限が設けられている。

 現在、神戸鋼が改ざん前のデータを提供し、出荷先企業がそれを基に安全性の検証を進めている。神戸鋼幹部は「検証結果が出そろった段階で公表と言うよりは、2週間程度という時間軸を優先する」と述べており、早ければ26日にも経産省に報告。直後に公表する見通しだ。

 すでにトヨタや日産自動車など自動車大手は、神戸鋼が直接納入したアルミ板について、自社の安全基準を満たしていることを確認。製缶メーカーや鉄道会社なども、安全性を確認したと公表している。