フランスのFOCALは11月3日、ヘッドフォン祭の会場で近く国内投入する“NEW MEDIA”ラインの新製品を紹介した。スマートフォンやポータブル機器との連携を想定したヘッドフォン/イヤフォン。

FOCAL
Listen Wireless

 国内向けに披露されたのはヘッドフォンの「Listen」「Listen Wireless」、イヤフォンの「Spark」「Spark Wireless」「Sphere S」の合計5機種となる。価格や発売時期は後日発表する。

ドライバー開発で培った技術をヘッドフォンに応用

 フランス・リヨン近くのサン・テティエンヌに本社を置くFOCALは、海外市場に強く製品の7割が国外向けだという。約220名の従業員のうち40名がエンジニアという技術志向の会社で、2011年にイギリスのNAIMを買収したことで、欧州資本のオーディオメーカーとしてはヨーロッパ最大規模の企業となった。

 製品は5つのカテゴリーに分けて展開しており、ここで紹介するNEW MEDIAシリーズのほか、スピーカーや室内で使うヘッドフォンを含む“ホームクラシック”、“車載機器”“プロ用機器”などがある。国内ではスピーカー製品をラックスマンが扱っているが、屋外での利用を中心としたNEW MEDIA製品に関してはエミライが扱う。

 ゲストとしてHeadphone Sales ManagerのRomain Vet氏とAsia/Africa Home Sales ManagerのQuentin Morieux氏が招かれた。発表会では、FOCALがドライバーユニットを設計する際の理念として、「軽量性」「高剛性」、そして色付けのない音を出すための「高減衰性」の3つを重視している点を紹介。そのためにさまざまなタイプのドライバーを自社開発しているとした。

 さらにヘッドフォンでは、スピーカーと異なる、耳の合わせた調整が必要になる。外耳や耳介の影響を受けるため、一般的に言うフラットな特性ではなく、中域が少しへこみ高域が盛り上がったような調整を加える必要がある。また騒音などの問題もあり、これに合わせた最適化が必要になる点などを紹介した。

オーソドックスで上質な「Listen」

FOCAL

 Listenは、過渡特性、減衰の速い低音、フラットなトーンバランスなどを念頭に置いた密閉型ヘッドフォン。ドライバーの振動板はマイラー・チタンドーム型。軽量で高剛性なドライバーを作るため、エッジに近い部分はマイラーのまま。強度を上げる中央部分だけチタンコートしている点が独特だ。結果として振動板の強度を保ちつつ、エッジ部分を柔軟に動かすことが可能となる。このユニットに加えて、アコースティック面でのチューニングにも自信を見せる。イヤーパッドは22mm厚の低反発タイプで、ウレタンフォームとマイクロファイバー製のクッションで構成。このパッドが音質チューニングに一役買っている。

FOCAL

 Listen WirelessはこれをBluetooth化したもので、aptXコーデックにも対応する。有線/無線による価格差はあるものの、海外製ヘッドフォンのボリュームゾーンである3~4万円前後の価格帯を狙っているそうだ。

FOCAL
FOCAL
FOCAL
ドライバーは中央部だけチタンコート周囲はマイラーのままになっている。背面も空気を抜けやすようにベントを設け、周囲を通気性の高い繊維にするなど工夫している。

 実際に聴いてみると、ヨーロッパのヘッドフォンに見られる濃厚でしっかりとした音。しっかりとした低域に支えられ、密度感を感じる。有線モデルが3万円台前半で出てくれば、なかなか競争力があるように感じる。

FOCAL初のイヤフォン「Sphere S」

 Sphere Sは、ドライバーから新規に設計した、同社の挑戦的位置づけの製品だ。最初に検討したのは、装着性と音質の両立。耳の穴に掛けるタイプのイヤフォンは快適だが音が漏れてしまう。カナル型は低域が出せる(逃げない)が装着性に課題がある。

FOCAL

 Sphere Sでは直径10.8mmのマイラー振動板を使った、ダイナミック密閉型イヤフォン。振動板の中央にセンターベントと呼ばれる穴を設けて、スムーズに振動板が動くようにした。ダイナミックドライバーは前のほうが密閉されると、耳と鼓膜の間がエアークッションになり動かなくなる。これをベントしてスムースに動かすわけだ。装着感に関しても、耳の構造を改めて研究し、耳介内の凹部分で支えつつ、外耳道を密閉することで得られる良好な低音レスポンスを両立し、装着しやすく高音質なイヤフォンの開発に応用したという。

 また電気的なクロスオーバーによる歪みの悪影響を排するため、シングルドライバーかつアコースティックのチューニングにこだわっているという。二種類のカラバリがある。ローズゴールドと黒。シリコンチップのほかに、ケースも付属する。

Sphere Sの技術を生かし、より手軽に「Spark/Spark Wireless」

 Sparkは、音楽リスナーが使う機器の70~80%を占めるスマホを想定した製品。スマートデバイスで音楽を聴くのを念頭に置きつつ、リモコン機能なども追加した。

FOCAL

 ドライバーはSphere Sの開発で生まれた技術を基礎としているが、マイラー素材の振動板は少し小さな直径9.5mmとなる。ハウジングのベント穴をドライバーの前後に置きつつ、吸音用のファブリックで帯域を調整するといった調整を加えた。

 Spark WirelessはSparkのBluetoothモデルで、apt-Xにも対応する。リモコンとバッテリーを別にしているが、これは重量バランスに配慮したためだという。ほかにバッテリーが劣化しても交換ができるなど、長期利用にも配慮している。クリップも付属し、走りながらでも使える点も利点となる。

FOCAL

 なお価格に関しては、Sparkが1万円台前半のエントリークラス機。Sphere Sはこれよりも上のクラスだが、2万円以下の価格に収まる見込み。Spark Wirelessに関しては無線機能を追加するぶん、価格が数千円上乗せになるようだ。